韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
「花郎」パク・ヒョンシク、初回放送の感想・・・「ドキドキしながらも震える」


パク・ヒョンシクが、新月火ドラマ「花郎」の初放送を迎える感想を伝えていました。


今月19日午前、パク・ヒョンシクの所属事務所スター帝国は、「ZE:A」の公式SNSチャンネルを通してパク・ヒョンシクが伝えてきたドラマ「花郎」の台本との認証ショットとともに初放送を迎えての感想を掲載しました。


その書き込みでパク・ヒョンシクは
「ついに花郎が初放送を控えているなんて、ドキドキしながらも震えているようです。素敵な俳優たち、スタッフたちと最善を尽くした作品なだけに、今冬熱い青春たちがみなさんの心を温かくすると信じています。たくさんの関心と愛、そしてリアルタイムでの視聴をお願いします」と語っていました。


「花郎」は、ドラマで初めて新羅時代の花郎を本格的に描いた作品で、1500年まえの新羅の首都・徐羅伐(ソラボル)をかけまわる花のような花朗たちの熱い情熱と愛、輝かしい成長を描いた青春時代劇。
劇中で、パク・ヒョンシクは新羅の24代王である真興王を演じ、幼い年で王となり、母親の影に隠れた”顔のない王”を演じます。

共演者には、パク・ソジュン、「SHINee」ミンホ、「防弾少年団」Vことキム・テヒョンなど、いずれもイケメンばかり!
そんな意味でも注目度の高いドラマ「花郎」は19日午後10時から放送を開始しました。

2016/12/20 20:23

この記事が気に入ったら


韓国在住歴6年


関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事