韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
「雲が描いた月明り」ヒロインはキム・ユジョンではなくキム・ゴウンになっていたかも!?


大人気を博したドラマ「雲が描いた月明り」のキャスティング秘話が公開されました。

7月4日深夜に放送されたtvN「名簿公開2017」では、“渦巻く運命で大ヒットを手にしたスター”が紹介されました。

ランキング6位となったのは、「雲が描いた月明り」のヒロイン、キム・ユジョンでした。


2016年に放送された「雲が描いた月明り」は宮中ロマンスを描いた史劇であり、パク・ボゴムとキム・ユジョンのダブル主演で多くの話題を集めた作品です。この作品の成功により、キム・ユジョンは“広告クィーン”に名を連ねるきっかけともなりました。

しかし、そんな「雲が描いた月明り」には、キム・ユジョン以外にももう一人、ヒロインを打診されていた女優がいるといいます。

それは、キム・ゴウンです。当時、ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」を終え、次期作を検討中にあった彼女。そして、映画「チャイナタウン」で共演したパク・ボゴムとの再会が実現するかと多くの期待が集まりましたが、慎重に検討した結果、キム・ゴウンはこの作品を断ったといいます。それによりヒロインはキム・ユジョンがつとめることになりました。


「雲が描いた月明り」を逃した形となったキム・ゴウンでしたが、それと同じぐらいに大ヒットを記録したドラマ「鬼」に出演したことで、結果はオーライ!キム・ユジョン、キム・ゴウンの両者にとって“代表作”が生まれる結果となりました。


2017/07/04 20:20

この記事が気に入ったら




関連記事

関連プロフィール

「キム・ユジョン」のコリトピ記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事