韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
映画「タクシー運転手」の勢いが止まらない!?2017年公開作で最も速い興行速度を見せる!


映画「タクシー運転手」が公開から3日で200万観客動員数を突破しました。2017年公開作の中で最短スピードです。

データによると、「タクシー運転手」は8月4日に70万7,461名を動員しました。これにより累積観客数は214万4,637名を記録したことになり、当然ながらこの日もボックスオフィス1位という成績を飾りました。

超高速興行に注目が集まっています。「タクシー運転手」は公開初日には78万4,795名を動員し、2日目には100万観客数を超えました。そして、3日目には200万動員数を更新しました。

これは2017年に公開された作品の中で最も速い速度であり、現在上映中の映画「軍艦島」も同様に、公開3日目に213万4,158名を集めました。「タクシー運転手」とほぼ同等の速さを見せています。

8月5日午前11時基準で「タクシー運転手」はリアルタイムチケット販売率1位を記録しており、これは全体の59.9%であり、39万3,343枚のチケットを販売したことを証明しています。


映画を観覧した人々からは口コミで評判も広がっています。「タクシー運転手」は、小さな笑いから、こみあげてくる感動、細やかな演出で観客たちの好評を買っています。特に主演ソン・ガンホの熱演が素晴らしいとされています。


「タクシー運転手」は、5.18光州民主化運動を背景とした作品です。ソウルのタクシー運転手がドイツ人記者を乗せたことで展開するストーリー。何も知らないまま光州に行くことになった運転手の姿が描かれます。


一方、これまで独走状態にあった「軍艦島」は、同日18万7,672名を動員、累積観客数は557万2,552名を記録し、ボックスオフィスでは2位という成績に留まっています。


2017/08/05 14:50

この記事が気に入ったら




関連記事

関連プロフィール

「ソン・ガンホ」のコリトピ記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事