韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
21年ぶりのリメイクに期待!ドラマ「この世で一番美しい別れ」の台本リーディング現場。


tvNの新ドラマ「この世で一番美しい別れ」サイドが11月13日、台本リーディング現場の写真を公開しました。名作が21年ぶりに復活した瞬間でした。

「この世で一番美しい別れ」の主演俳優および制作陣は最近、台本リーディングの時間を共にしたといいます。ノ・ヒギョン作家、ホン・ジョンチャンPD、ウォン・ミギョン、ユ・ドングン、キム・ヨンオク、チェ・ジウ、チェ・ミンホらが大集合しました。




ドラマ制作サイドはキャストたちが熱心に取り組む姿を伝えました。ウォン・ミギョンは末期がんの母親“インヒ”を演じ、感情を伝えました。迫り来る“別れ”に苦しい思いを見せる母親です。

ユ・ドングンは父親“ジョンチョル”を演じます。冷たい家長でありながらも妻を見送らなければならないという夫の心理を表現しました。

キム・ヨンオクは、21年ぶりに同じ役どころを演じます。アルツハイマーの姑役を演じる彼女は、笑いと涙を同時に伝えます。

チェ・ジウの演技への没頭にも注目が集まりました。長女の“ヨンス”を演じる彼女は台本を読みながら熱い涙を流したといいます。豊かな感情が現場の雰囲気を切なく包みました。

チェ・ミンホはヨンスの弟、“ジョンス”を演じます。母親の病を知り、成長していく息子の姿をなめらかに表現しました。


ドラマ制作サイドは「キャストたちと制作陣みなが台本リーディング過程において涙を流しました」とし、「お茶の間に感動が伝わるだろうと、期待されます」と自信を覗かせました。

ドラマ「この世で一番美しい別れ」は、1996年に放送された名作です。ノ・ヒギョン作家が原作に引き続き、リメイク、脚色、執筆を担当しました。現在放送中のドラマ「ビョンヒョクの愛」の後続作として、来月9日に初放送を迎えることになっています。


2017/11/13 21:40

この記事が気に入ったら




関連記事

関連プロフィール

「ジウ」のコリトピ記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事