韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
映画「加速スキャンダル」出演、子役出身ワン・ソクヒョン、5年ぶりに演技で戻ってくる


映画「加速スキャンダル」でチャ・テヒョンの孫役で注目を浴びていた子役ワン・ソクヒョンの近況。


子役出身俳優ワン・ソクヒョンが5年ぶりにドラマに復帰することが伝えられました。

今月14日、放送関係者によるとワン・ソクヒョンはSBS新月火ドラマ「三十ですが十七です」で、ユン・ソヌが演じるキム・ヒョンテ役の子供時代を演じるといいます。

SBSドラマ「三十ですが十七です」は、17歳のとき昏睡状態になり、20代をスキップして30歳になって目覚めた“メンタルとフィジカルが合わない女(シン・ヘソン)”と世の中を遮断して生きてきた“スパム男(ヤン・セジョン)”が出会って繰り広げるコミカルで溌剌なロマンスドラマ。

劇中、キム・ヒョンテは神経外科レジデント1年目でソリ(シン・ヘソン)の子供の頃からの友人であり、ソリだけを愛する純情的な人物です。ソリの伯父と伯母の行方を知っている唯一な人物でもあります。

ワン・ソクヒョンというべ、2008年の映画「過速スキャンダル」でチャ・テヒョンの孫であり、パク・ボヨンの息子として出演して人気を話題を集めていました。その後、2013年に放送されたKBS 2TVドラマ「花を咲かせろ!イ・テベク」に特別出演した以来、学業を理由で演技活動を中断していました。

そんな彼が、最近、ケーブルチャンネルtvN「巣から脱出」シーズン3に出演し、近況を公開しながら、再び関心を集めています。

ワン・ソクヒョンの演技活動も、楽しみですね。

2018/06/16 17:18

この記事が気に入ったら


韓国在住歴6年


関連記事

関連プロフィール

「ワン・ソクヒョン」のコリトピ記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事