韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
「ドンジュ」カン・ハヌル、日本語の台詞に悪戦苦闘したことを明かす


映画「ドンジュ」のカン・ハヌルが劇中日本語での台詞に苦労したことを明かしました。

これは、18日ソウルMEGA BOX東大門で明かされたもの。

カン・ハヌルが演じたのは、韓国人が最も愛する詩人ユン・ドンジュ(尹東柱)。彼は、劇中では「シナリオの半分が韓国語で、半分は日本語だった。」とし


それに続いて「家の壁にも、トイレの壁にも日本語を貼っておいた。覚えるだけではなくてその文章の感じも表現しなければならなかったので、それは大変だった」と告白していました。

映画「ドンジュ」は名前も、言語も、夢も許されなかった1945年、一生の友であり、ライバルだった詩人ユン・ドンジュ(尹東柱)と独立運動家ソン・モンギュ(宋夢奎)の輝く青春を描いた映画で、「王の男」「思悼(サド)」を手がけたイ・ジュンイク監督の新作。来月2月18日に封切りされる予定。

カン・ハヌルが日本語を姿が気になりますね♪



2016/01/20 10:52

この記事が気に入ったら


韓国在住歴6年


関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事