韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
ブラウン管からスクリーンへ、悪役チョ・ジェヒョンは続く


俳優チョ・ジェヒョンがブラウン管に続いて、スクリーンでも悪役で存在感を放ちます。

KBS2TV水木ドラマ「マスター-ククスの神」で悪役キム・ギルド役を務めカリスマ性を放つ中、来月6日公開される映画「キム・ソンダル」では朝鮮最高の絶対権力者ソン・デリョン役を演じます。

ソン・デリョンは金の前では沸き立つ野望を持った、王と見紛う程の権力者で、王の代わりに清の国を相手にするほど清から無限の信頼を受ける人物です。ソン・デリョンを演じるチョ・デヒョンは、ユ・スンホ演じるキム・ソンダルという詐欺師と対立し、緊張感を作るだけでなく特有の深い演技を披露します。

映画「キム・ソンダル」のパク・デミン監督は「ソン・デリョンは一人で詐欺師と1対4のけんかをしながら、皆を圧倒する役割です。ただの視線だけでも相手を圧倒するチョ・ジェヒョンの優れた演技で、ソン・デリョンは期待以上に魅力的な人物になりました。」と信頼を表しました。

映画「キム・ソンダル」は王さえ騙し、持ち主のいない大同江(テドンガン)さえも売り飛ばしてしまう伝説の詐欺師キム・ソンダルの痛快な詐欺劇を扱う映画で、来月6日に韓国で公開されます。

2016/06/21 10:18

この記事が気に入ったら




関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事