韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
「トキメキ 成均館スキャンダル」ユ・アインのわんぱくな魅力=映画「サド」とムン・グニョンに対する「求愛ダンス」


「トキメキ 成均館スキャンダル」で有名になり、現在韓国で上映中の映画「ベテラン」で財閥2世の悪役を務め、映画俳優としても高い評価を得ているユ・アイン。9月には新しい主演映画の「サド」が公開されます。

この映画「サド」は時代劇映画であり、ドラマ「イ・サン」でいうと、主演イ・ソジンの父親サド世子の話です。



また、ドラマ「トンイ」でいうと、主演チ・ジニとハン・ヒョジュの孫になります。



歴史上の「サド」という人物は父親に殺された悲運の世子(王様になる予定の王子様)として有名です。その原因に対しては、父親(トンイの息子)の母の身分から感じていたコンプレックス、政治派閥「南人」との共感、精神病、など諸説がありますが、今も朝鮮半島のあちこちには「サド世子」を祀るお寺が沢山あります。

ユ・アインの話に戻りましょう。作品の選択からファッションまで、破格と言うか、かなりのわんぱくとして知られている彼ですが…。

この動画を見てください。




映画「サド」のプロモーション・トーク中に、相手役のムン・グニョンの発言に対して反応する場面でした。

「秋の童話」ムン・グニョンが「もともと(映画の撮影前からユ・アインは)好きな俳優でした。」とトークすると、機嫌よくなり、彼女に対してアピールするような「鳥の求愛ダンス」を一瞬で見せるわけです。愛嬌たっぷりの姿でしたが、彼のわんぱくな魅力を丸出し!

彼はやはり本物の俳優です。

2015/08/28 09:48

この記事が気に入ったら


日韓の旅人


関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事