韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓流速報
WoWKoreaトップ韓流速報  (SNSで話題の最新情報)ユ・アイン
「ユ・アイン」のまとめ プロフィール
2019年5月14日、【G公式】俳優ユ・アイン、 写真公開。

From SNS

2019年5月14日、【G公式】俳優ユ・アイン、 動画公開。


From SNS

2019年4月9日、【G公式】俳優ユ・アイン、作品を公開。


From SNS

2019年1月29日、【G公式】俳優ユ・アイン、SNS更新。


From SNS

2019年1月24日、俳優ユ・アイン、エッセイの最後。

※以下、直訳。

しかし、不便ではなかった。 母に対して私が感じるように死ぬほどのぎこちなさとくすぐったい心が残るだけ。

ソウルに住む間、1年毎に引っ越しで転々としながら遭ってきた記憶にも残らない私の部屋の1階のコンビニのおばさん、おじさん、アルバイトの人々。 私の母よりも頻繁に私を迎えてくれたその人々。

多分、初めてその人々の中、一人の挨拶を本物だと信じてしまったのかも知れない。

ぼかしてありがとうという言葉を残し、私は急いでコンビニを出た。 その日、ドアに付いていた鈴がより騒がしく揺れた。

私には覚える必要もない音。ちりんちりん。 娘さんにもう少し近いママに戻っていくコンビニのおばさんに、その鈴の音がどのぐらいつらい思い出なのか、敢えて推測してみる。

昨夜、タバコを買いに行った時、同じ時間であれば元々灯が消えているはずのコンビニがそんなに惜しかったのは、横断歩道を渡らなければならない不便のためではなく、この慌ただしい世の中で12時になると閉まる便利ではないそのコンビニのおばさんの凄く不便だった優しさのせいだったと思う。

後頭部がくすぐったい過剰な親切を享受していた生活をしばらく絶たんで、夜になると洗ってもなに髪に帽子一つを載せて、ぶらぶらタバコを買いにいく通常の生活の中で、私は再びそのような不便な優しさを感じることができるだろうか。

それがどのぐらい些細でありながら胸を熱くする幸運だったのか。

(終わり)

From SNS

2019年1月24日、俳優ユ・アイン、「廃業のコンビニ」エッセイが話題。

※以下、直訳のつづき。

振り返ると「食事はしましたか」という、その普通にありふれた挨拶さえ一度も、先にしたことが無いほど、私は無心な客であり、だから最後までもそのおばさんは私の名前の後ろに「さん」を取らなかったようだ。

「アインさん」、「アインさん」、不便過ぎるその呼び方。多分、故郷の実家で暮らしながら学校に通ったり、呑んでいたりしたならば、母がそうしたはずだ。私はまたその心が嫌で面倒くさくて、返事も真面にしない無口な息子のままでいたんだろう。

愚かにも、一昨日、最後にコンビニに行った時、その時も既にビニル袋一杯にタダの電子レンジ用のご飯を入れてくれながら、そのおばさんは少女のように恥ずかしそうな別れの挨拶をしてくれた。

「仕事に頑張って、タバコもちょっと減らしてね。ああ、アインさん、私、教会に行くと、アインさんのために祈りますよ。私の祈りは良く効くの。だから、アインさんの仕事、本当にうまくいくと思うよ。」

そんな言葉に、私は無防備であった。習慣のような感謝の言葉も出なかったし、「本当のでしょうか?期待しますよ!」と、ふざけた言葉を返す洗練さも、僕には無かった。

(つづく)

From SNS

2019年1月24日、俳優ユ・アイン、自ら書いた「エッセイ」が韓国で話題。。

※以下、その直訳。

私の住むマンション1階のコンビニが廃業した。

コンビニなのに12時になると閉まるので、私のようなフクロウの便宜にはあまり合わないコンビニだった。

他のコンビニは道を渡って向かい側にあるので、これからはタバコは減り、虫歯も減り、より健康になるだろう。

初めてここに引っ越してきた時、娘さんが好きと言ってサインをお願いしていたコンビニのおばさんは、その後、私が立ち寄る度に食事はしたのかを聞いたり、仕事も上手く行っているのかを尋ねたり、さらに必要なものはないのかを尋ね、サービスしてくれた。

ご飯は食べたと話し、仕事は上手くいっていると返事し、さらに必要な物はことはないと答えたが、どうしても私のポケットに差し入れていただいた飲み物には感謝をしたりした。

ある日は、その優しさがとても不便でタバコを我慢し、車に乗っマネージャーのタバコを取って吸いたこともある。

(つづく)

From SNS


コリトピ アクセスランキング