韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓流速報
WoWKoreaトップ韓流速報  (SNSで話題の最新情報)ファン・ハナ
「ファン・ハナ」のまとめ プロフィール
2019年10月15日、JYJ パク・ユチョン の元婚約者「南陽乳業の創業者3世」「ミルク姫」ファン・ハナ、本日の「第2審の裁判」と今までの流れ。
●本日、ソウル近郊の京畿道水原地裁で第2審の裁判。
●ファン・ハナ(31)は弁護士と一緒に出席。「不遇な家庭環境のせいで麻薬に触った」と主張。
●「現在は家族と一緒に薬物治療に励んでいる」「両親の関心を受けられなく、愛情の欠乏が生じていた」
●「被告人が麻薬をやるようになった理由は、子供の頃、恵まれない家庭環境に原因がある」「現在は、家族と一緒に十分な治療を継続している」
●「環境による再犯の可能性がない」「被告人の父親がいくつかの治療に一緒に力を入れている」
●「被告人が完治できない環境にさらされないように、本人の意志に加えて、家族が努力している」
●「現在の薬物治療とカウンセリング治療を並行している」「17ヶ月程度の追加の治療があれば完治するものと見られる」と主張。
※検察は第1審と同じく、懲役2年を求刑。以下、今までの流れ。

●2015年5月と6月と9月、ソウル龍山区の自宅などで数回にわたってヒロポンを投薬
●2018年4月、向精神性の薬2種類を違法服用。
●2019年2月から3月、パク・ユチョンと3回に渡ってヒロポン1.5gを購入し、自宅で7回にわたって投薬した容疑
●2019年4月6日に拘束され、1審裁判を受けた。
●検察は懲役2年の実刑を求刑。
●第1審裁判部はファン・ハナに前科がなく、反省しているとして懲役1年、執行猶予2年。追徴金220万560ウォンを宣告。保護観察40時間と薬物治療の講義を命令。
●第1審の判決で拘置所から釈放されたファン・ハナは "再び過ちを犯さずに善行をしながら暮らす」とし「控訴はしない計画」
●検察は、ファン・ハナが過去にも大麻使用で起訴猶予処分を受けたことと、2015年5月から2019年3月までに長期間麻薬を購入して投薬した前歴があると量刑不当を理由に控訴した。
●これを受け、ファン・ハナも方針を覆し、控訴。
●ファン・ハナと一緒に麻薬類を投薬した容疑で裁判に渡されたパク・ユチョンは、1審で懲役10月に、執行猶予2年を宣告。
●検察とパク・ユチョン側の両方控訴せず、判決が確定。

2019年10月15日 17:39   From SNS

2019年7月19日、麻薬投薬容疑のミルク姫ことファン・ハナ、懲役1年・執行猶予2年の宣告。。

2019年7月19日 10:58   From SNS

2019年6月29日、「ミルク姫」ファン・ハナ、過去の捜査警察官に拘束令状。
●鐘路(チョンノ)警察署の元捜査官A氏。出頭したミルク姫が泣き止まず、幹部室で慰めたり、警察署を見学させたり
●ミルク姫の関係者から事件請託のため、金銭を受け取った事が発覚。
●「職務遺棄」「収賄」の疑いで拘束令状が申請中。。

2019年6月29日 12:24   From SNS

2019年6月14日、JYJ ユチョン、初公判。。
●検察:2018年9月と2018年10月、ファン・ハナ の居住地内のトイレで煙を吸引する方法で薬物を使用、2019年3月、ヒロポンを水に溶かしてこの液体を腕に注射する方法でファン・ハナと共謀し合計6回を投薬。
●#ユチョン:(検察の公訴事実に関して、)「嫌疑を全て認めます」

2019年6月14日 14:28   From SNS

2019年6月14日、JYJ ユチョン、初公判がスタート。元婚約者 「ミルク姫」ファン・ハナ と薬物を使用した疑いで起訴。
●判事:「職業は?」
●ユチョン:(少し迷う)「芸能人でした」。。

2019年6月14日 14:16   From SNS

2019年6月13日、JYJ パク・ユチョン、明日の午後2時に初公判。「ミルク姫」ファン・ハナ との陳述の違いとは?
●6月5日10時10分、水源(スウォン)地方裁判所でファン・ハナの第1次公判。
ミルク姫が自ら明かした自身の職業は「インターネットショッピングサイトを運営」
●検察の公訴内容は「2015年~2018年、居住地で知人と一緒にヒロポンを使用」「今年の2月~3月にもヒロポンを3回購入、パク・ユチョンと一緒に腕に注射する方法で使用」
●ミルク姫の弁護人は「初公判の前、反省文を数回作成するなど、間違いを反省している」「犯罪事実に関して自白する部分と否認する部分がある」「否認中の内容に関しては、(ユチョンの)捜査記録を要請し、パク・ユチョンとのチャット内容を確認した後、最終的に検討し、次の期日で明かす」「チャット内容を見ると、パク・ユチョンとの争いの余地のある部分(陳述の食違いの部分)に対する説明が可能」と捜査記録の一部を検察に要請。
●裁判官の「可能なのか?」の質問に対して、検察は「準備は難しくない」と返事。15分ほどで終了。
●麻薬使用の回数に対しての2人の陳述の食違い
●一緒に麻薬を使用した回数に対して、ユチョンは3回購入、6回使用と陳述。ファン・ハナは3回使用と陳述。
●ユチョンの陳述が認められた場合、ファン・ハナは追加起訴される可能性。
●6月14日午後2時、パク・ユチョンの第1次公判の予定。
●6月19日午前10時、「ミルク姫」ファン・ハナの第2次公判の予定。

2019年6月13日 17:52   From SNS

2019年6月5日、麻薬容疑をもたれているミルク姫ことファン・ハナ、きょう(5日)の初公判で相当部分の容疑を認める。。

2019年6月5日 10:50   From SNS


コリトピ アクセスランキング