韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓流速報
WoWKoreaトップ韓流速報  (SNSで話題の最新情報)PRODUCE 101
「PRODUCE 101」のまとめ プロフィール
2019年3月17日、produce 101 出身チャン・ムンボク、近況が話題。。
●出演当時、長髪へのこだわりが話題
●ゲームのCMに登場。ガールズグループのような服装と振付け
●「一瞬、ドキッとした」「ガールズグループの収入源を触るな」などの韓国反応

2019年3月17日 13:3   From SNS

2019年3月13日、PRODUCE 101 シーズン2出身のウ・ジンヨン&パク・ウダム、デビューへ。HNB、最終メンバー5人を確定。。

2019年3月13日 12:10   From SNS

2019年2月27日、VICTON、オーディション番組PRODUCEシリーズの最新版「PRODUCE X 101」参加説。。
●メンバー全員ではなく、一部メンバーだけが参加するとのこと
●PRODUCE 101 シーズン2の時、NU'ESTの一部メンバーが参加
●上位になりWANNA ONE入りを果たしたメンバーもあり、グループ全体としても再注目の切っ掛け

2019年2月27日 12:44   From SNS

2019年2月26日、PRODUCE 101 出身で解散済みのI.O.I、「再開」の動き。
●PRODUCE 101で11位までが選抜。2016年5月4日デビュー、2017年1月29日に解散。
●解散の日、ファンの前で「5年後に再開します」と約束。。
●最近、メンバーの所属事務所が会合、再結合を議論。
※5月のソロデビューを準備中のソミは一旦除外

2019年2月26日 17:30   From SNS

2019年1月29日、男性練習生に対するセクハラ事件。その時系列。「PRODUCE 101」の出演者も含まれている。
●2018年9月、1か月間の日本公演
●9月28日、日本の東京・新大久保の刺身屋で食事会。セクハラ事件が発生
●10月7日、韓国に帰国した練習生が会長と面談「契約違反の事項を是正してほしい」
●10月14日、保護者と練習生が一緒に所属事務所側と面談「セクハラを謝罪し、契約違反の事項を是正してほしい」
●11月2日、練習生側が内容証明の郵便で事務所側に意思表明「専属契約の解除したい」
●11月27日、事務所側から「何にも間違ったことはしていない」との答え。
●2019年1月18日、練習生側が告訴「性暴力犯罪の処罰等に関する特例法違反。業務上の威力などによる醜行」。相手は所属事務所の女性代表と実妹である投資者(会長)の妻。
●1月28日、事務所の代表理事から専属契約の解除通告「無断離脱と契約履行の拒否で契約を解除する。違約金を請求する」
●1月29日午前、韓国マスコミが事件を報道
●1月29日午後、事務所側が立場を発表「すでに仮処分訴訟を準備中。契約解除はもちろん、損害賠償訴訟と関連した訴訟を進める。必ず真実を明らかにする」

2019年1月29日 18:40   From SNS

2019年1月29日、「PRODUCE 101」出演者など、男性練習生らの日本公演に関する証言。
●練習生D:日本公演に行くことはトレーニングのためと言っていました。しかし、利益のためのスケジュールだったと思います。公演がな​​い日は、宿泊施設に監禁状態で、携帯電話も没収されました。大変でしたが、日本公演の後は、休む時間を与えるくれるとの約束を信じていました。しかし、守られていませんでした。突然契約の変更まで要求され、事務所に対する信頼がなくなった状態です。
●練習生E:日本活動の当時にも無理なスケジュールで大変でした。携帯電話はもちろん、すべての電子機器の使用が禁止されました。日本にいる時に地震や台風がありました。心配しているはずの家族や親戚、友人に一切連絡をすることができませんでした。話し合いで調整していきたかったのに、無視されました。また、所属契約書が練習生たちに有利になっているとの事で、一方的な内容変更を要求されました。応じなければデビューをさせてくれないと言われました。
●練習生F:会長(投資者)の介入からすべての物事が計画通りに行っていません。日本公演の当時も街頭宣伝など、事前に話されていない日程が頻繁に与えられました。話し合いやコミュニケーションも全くなかったし、容赦なく指示されました。正式デビューはさせず、収益を目的とし、公演会場内でのみ活動するグループにさせようとしていました。

2019年1月29日 17:42   From SNS

2019年1月29日、セクハラ被害内容の続き。「PRODUCE 101」出演者などの男性練習生らの証言
●練習生C:飲み会の席でお兄さんたちがセクハラされる姿を見ていました。未成年者である私の場合は、実際に頭が真っ白になりました。中学生の時から抱いてきた夢でしたが、こんなの事が芸能界の実態なのかと思いました。あまりにも辛い時間を過ごしています。
●練習生B:当時の飲み会の席では、会長の娘さんもいました。さらに娘さんが「ママ、やめなさい」とセクハラを止めさせる姿まで目撃しました。
●練習生A:ホストにでもされたような気分でした。

2019年1月29日 16:32   From SNS


コリトピ アクセスランキング