wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
「被告人」第7話が視聴率20%の大台に乗る!まさかのストーリー展開に息を飲む!


※ネタバレ注意


SBS-TV「被告人」が月火ドラマ1位の座を守りました。スペクタクルなストーリー展開も手伝って、視聴率が20%の大台に乗りました。

視聴率調査会社ニールセンコリアによると2月13日に放送された「被告人」の第7話は20.9%の視聴率を記録したことがわかりました。先週放送された第6話の18.6%より2.3%上昇した結果となりました。

第7話では記憶喪失となっていたパク・ジョンウ(チソン)が記憶を取り戻しました。死んだと思っていた娘ハヨンは生きていて、自身がついた嘘の自白についても、どうしてそう言わなければならなかったのか思い出したのです。

娘ハヨンを誘拐した人物は、ジョンウと刑務所で同じ部屋に収容されているソンギュ(キム・ミンソク)だったことがわかりました。ソンギュはジョンウに娘を助けたければ、妻と娘を殺害したと自白しろと迫ったのでした。


全16話で構成される「被告人」。毎度ダークな雰囲気のなかで、ストーリー展開が遅いと一部では言われてきましたが、その分、急展開を期待する視聴者が多く、みな没頭しながら視聴しているということが、今回の視聴率に反映されたことがわかりました。

2017/02/14 13:40

この記事が気に入ったら




「チソン」の関連情報

最新記事




アクセスランキング