wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
女優キム・テリ、“アガシ”出演時よりも大きくなった責任感を語る。


女優キム・テリがピュアと魅惑を兼ね備えた雰囲気を発散させ、グラビアを飾りました。

キム・テリは4月5日に発刊されるスタースタイルマガジン「HIGH CUT」を通じて深い感受性を感じられるグラビアを公開します。




撮影後に行われたインタビューの中で彼女は、事前制作ドラマ「ミスターサンシャイン」でキム・ウンスク作家と共にする心境を明かしました。

彼女は「セリフがとても入ってきやすいです。セリフだけを見ても、そのキャストがどんな演技をするのかとても自然に想像できます」と語りました。今回も“キム・ウンスク印”の名ゼリフが飛び出しますか?という質問には「もちろんです。しかし、まだ明かすことはできません」と笑って見せました。

また、ウェブ漫画が原作となった主演映画「リトルフォレスト」に出演した思いについて「誇らしい気持ちです。“アガシ(お嬢さん)”の時はあまりにも新人だったし、“1987”では私以外にも素晴らしい先輩方が出演されていたので、心の負担は少なかったです。“リトルフォレスト”はより切実だったように思います。成功しないといけないという気持ちがとても大きかったです。最近はとても気分が良いです」と語りました。

彼女は「“アガシ”の時よりも大きな責任を感じる」とし、「とても若いと思っていましたが、最近はそんな風に考えてはいけない年齢になりました。年齢を超えて、今はお金を貰って仕事をしているので、適当にやってはいけない。いつまでも“私は若いから大丈夫”とはいえないでしょう。正直、“アガシ”の時は新人だったし、“わからない。私を選んでくれたのだから、なんとしてでもしっかり作ってくれるだろう”という気持ちがありましたが、今はそんな風に思ってはいけないですよね。負担もずっと大きくなりました」と明かしました。


そんなキム・テリの写真とインタビューは4月5日に発刊される「HIGH CUT」219号を通じて確認することができます。



2018/04/04 13:00

この記事が気に入ったら




「キム・テリ」の関連情報

最新記事




アクセスランキング