韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
キム・ジェウク「コーヒープリンス1号店」など、過去の役を振り返る


「コーヒープリンス1号店」で黒マニキュアをして登場し、話題をさらっていたキム・ジェウク。

今月10日に放送されたMBC「セクションTV芸能通信」では、日韓合作映画「蝶の眠り」の主人公を演じたキム・ジェウクのインタビューが公開されました。

この日のインタビューでは、過去の作品についても言及していました。
2002年ドラマ「勝手にしやがれ」がデビューしたキム・ジェウクは、「(劇中)イ・ナヨンのバンドメンバーに抜擢された」と、当時の記憶を思い出していたほか・・・
彼の出世作でもあるドラマ「コーヒープリンス1号店」で“ワッフルソンギ”と呼ばれて人気を得ていた、当時話題を集めた黒のマニキュアについて
「普段から塗っていた。オーディションに行く時もそうした。それをいいほうに考れたよう。イ・ユンジョン監督がそれを生かせればいいといってくれた」と明かしていました。



さらに日本でもドラマ化されていた「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」の映画版に出演し、魔性のゲイパティシエ役を熱演していました。
この役について彼は
「見たことも聞いたこともない、空前絶後のキャラクターだった。演じたいという強い欲求が沸いた」と伝えていました。



さらに、現在OCN新水木ドラマ「客 The Guest」で悪霊を追うエクソシスト祭司に挑戦するキム・ジェウク。
このドラマで「コーヒープリンス1号店」で共演した俳優キム・ドンウクと11年ぶりに共演し、期待を集めています。

彼は、「キム・ドンウクと現場で会うと、『コーヒープリンス1号店』で共演したときの懐かしさと、30代後半になっていく感じが入り混じって、楽しく撮影している」と、ときめきを隠せない様子で話して目を引いていました。

2018/09/12 08:44

この記事が気に入ったら


韓国在住歴6年


「キム・ジェウク」の関連情報

最新記事




アクセスランキング