wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
チャン・リュル監督「福岡(FUKUOKA)」、ベルリン映画祭フォーラム部門に招待


チャン・リュル監督の12番目の映画「福岡(FUKUOKA)」が、ベルリン国際映画祭に公式招待されました。

30日、LU FILMによると「福岡」(監督チャン・リュル、製作LU FILM)は、2月7日から19日まで行われる第69回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門で観客に会うことになりました。 俳優クォン・ヘヒョとユン・ジェムン、パク・ソダムが主役を演じています。

映画祭でワールドプレミアで初めて公開されるこの映画は、大学時代の演劇サークルの親友だった2人の男が、1人の女性のせいで絶交して、約20年ぶりに日本の福岡のある酒場で遭遇して広がる何日間の昼夜の話を描きます。

俳優クォン・ヘヒョとユン・ジェムンが誤解と沈殿物が積もってしまった友達ヘヒョとジェムンに扮し、妙な不協和音のケミストリーを見せて、女優パク・ソダムがよそよそしい2人の男の間で過去と現在の感情を調整して和解ムードを作り出す人物ソダムを演じました。

ベルリン国際映画祭は、コンペティション、パノラマ、フォーラム、ジェネレーションなどの主な部門を通じてカンヌ、ヴェネチアとともに世界3大映画祭と呼ばれて、特にフォーラム部門は世界的な巨匠の新作と才能ある新人監督を発掘して紹介する登竜門。

昨年には、ホン・サンス監督の「GRASS」と、新人シン・ドンソク監督のデビュー作「最後の息子」が招待されて好評を得ました。

この映画は、韓国で今年下半期に公開される予定です。

映画の中で、福岡の街がどんなふうに描かれているのか気になりますね。

2019/01/30 16:25

この記事が気に入ったら


韓国のことが大好き


最新記事




アクセスランキング