wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
パク・ヒョンシクの初主演映画「陪審員たち」、韓国で5月公開確定!!


映画「陪審員たち」のティーザー予告編とポスターが公開されました。

2008年、韓国に初めて導入された国民参加裁判の実際の事件を再構成した映画「陪審員たち」は、初めての国民参加裁判で陪審員になった普通の人々が、彼らだけの方式で少しずつ事件の真実を正していく話を描いた映画。

今回、CGVのフェイスブックを通じて初公開されたティーザー予告編は日当10万ウォン、法曹人と犯罪者を除いて大韓民国国民の誰もができる“陪審員”制度に対する説明で、開始から好奇心を刺激します。

陪審員に選ばれた状況が戸惑うばかりの青年創業家“クォン・ナム”(パク・ヒョンシク)から、主婦、無職、大企業秘書室長、法大生、就職準備生、療養保護者、無名俳優までそれぞれ違う年齢と職業を持っている8人の陪審員は、裁判場に入る前、めいっぱい浮き立ちながらも完全に緊張した姿で彼らが法廷で見せてくれる特別なアンサンブルを予告します。

ここに「法と原則に忠実です」と、裁判の開始を知らせる判事“キム・ジュングォン”(ムン・ソリ)は、肝がすわった話し方とカリスマで強い信念を持った判事キャラクターで期待を集めます。

一方、法廷で予想できない突発行動をする陪審員が頭が痛い裁判所、そして有無罪を確定することができない“クォン・ナム”と、それぞれ違う態度を見せる陪審員は風変わりなケミストリーを予告して笑いを呼びます。

最後に「最も普通の人々の最も特別な裁判」というコピーとともに事件の真実を探して行こうとする陪審員の姿は裁判に新しい局面を作り出す彼らの特別な活躍に気がかりなことを加えます。

「陪審員たち」は、韓国で5月中に公開される予定です。





2019/03/27 10:57

この記事が気に入ったら


韓国のことが大好き


最新記事




アクセスランキング