wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
ドラマ「ボイス」、日本でリメイク確定…唐沢寿明と真木よう子が主演!!


韓国ドラマ「ボイス~112の奇跡~」が、日本でリメイクされることになりました。

OCNは16日、このような便りを伝えて日本版「ボイス~112の奇跡~」のタイトルは「ボイス110緊急指令室」になると紹介しました。

「ボイス110緊急指令室」は、日本テレビで7月から放送されます。放送時間帯もゴールデンタイムである毎週土曜日の夜10時に決まりました。

主演には俳優唐沢寿明と真木よう子が確定しました。

ドラマ「白い巨塔」の日本版の主人公で韓国でも良く知られた唐沢寿明は、正体不明の暴漢に愛する妻を殺されて復讐心を燃やす刑事樋口彰吾役を演じます。真木よう子はささいな声ものがさない絶対聴覚で事件解決に立ち向かうボイスプロファイラー橘ひかりに扮します。

合わせて「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」、「ドロ刑-警視庁捜査三課-」など人気捜査ドラマを演出した大谷太郎と久保田充などが演出を、捜査ドラマ「絶対零度」シリーズで好評を得た浜田秀哉が脚本を手掛けます。

CJ ENMの海外コンテンツ事業局側は「『ボイス』はOCN歴代視聴率を記録しただけでなく、声の追撃スリラーという独特の素材で海外でも早くから問い合わせが多かった」と、話しました。

日本テレビの関係者も「『ボイス』のスピーディーなストーリー展開とヒューマニズムに魅力を感じた。韓国原作のアイデンティティを守って魅力的なディテールをさらに生かしてみたい。日本の代表演技派俳優がこの作品のために集まっただけに、皆が日本版『ボイス』を楽しんでくださったらと思います」と、期待感を表わしました。

一方、現在、韓国では「ボイス シーズン3」が絶賛放映中です。

2019/05/16 22:00

この記事が気に入ったら


韓国のことが大好き


最新記事




アクセスランキング