wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
防弾少年団(BTS)RMのお陰で韓国美術館が賑やか


ボーイズグループ「防弾少年団」のRMが忙しい日程の中でも全国の美術館とギャラリー、アートフェアなどで韓国美術を鑑賞する姿がしばしば目撃されながら美術界が彼の歩みを注目しています。
RMは、最近ソウル貞洞(チョンドン)に開館した複合文化空間「貞洞1928アートセンター」の開館記念前にも訪れた。RMは、美術界の知人の紹介で展示場を訪れ、1時間ほどとどまったと知られました。
またRMは、韓国の韓国国際アートフェア(KIAF)と錦湖美術館バウハウス100周年記念展、世宗(セジョン)文化会館 フォービズム(野獣派)傑作展などの展示場で彼を見たという目撃談が広がっています。

他にRMは、6月に釜山(プサン)ファンミーティング中も、8月の休暇中にも展示館を訪ねて回ったようです。彼は、原州(ウォンジュ)ミュージアムSAN(サン)の「韓国美術の散歩V: 抽象画」展示場を訪問し、イタリアのヴェネチアにあるフォーチュンミュージアムの「ユン・ヒョングン回顧展」まで行ってきました。最近Twitterに「月が出た」という文とともに写真を掲載したRMの背景も龍仁(ヨンイン)湖巌{ホアム}美術館「韓国抽象美術の旅程」の展示場です。

韓国美術を愛好するRMの姿に美術界も喜んでいるようです。
RMは、海外で強大な影響力を誇つ「防弾少年団」のメンバーであるため、彼が関心を見せる韓国作家に対する関心も合わせて高まっているからだそうです。

6月にRMがファンミーティングで釜山に行って市立美術館別館の「イ・ウファン空間」を訪ねた後で「よく見て行きます。先生、僕は『風』が好きです」と書いた芳名録がファンの間で大きな話題になりました。RMの訪問後、国内外のアーミー(防弾少年団ファンクラブ)もRMに続いてここを観覧しながら美術館の観覧客数が普段の4倍を上回って開館以来最高の広報効果を享受するようになったようです。



2019/10/14 22:45

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「防弾少年団」の関連情報

最新記事




アクセスランキング