wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
PRIZE-OUTが11・24幕張新都心で開催のメンズアイドルの祭典へ意気込む

ダンス&ヴォーカルユニット「PRIZE-OUT(プライズアウト)」が、11月24日に千葉・イオンモール幕張新都心で開催されるメンズアイドルの祭典『イオンモール幕張新都心 野外フェス supported by MUSIC BEAT&ダイキサウンド』に出演する。

PRIZE-OUTは2019年1月1日結成。メンバー加藤重吉、CHIKARA、宮下寛大、Ken、玉置克浩の5人がすべてをセルフプロデュースしているメンズダンス&ヴォーカルユニット。最大の魅力は、自由度の高いパフォーマンス。渋谷・新宿を拠点にライブを行い、10代後半から20代後半の女性に人気。12月13日に渋谷VUENOSでワンマンライブも決定しているグループに、24日の一大イベントへ意気込みを語ってもらった。

「フリーライブということで、僕たち目当てじゃない方も野外ライブ目当てじゃない方にも楽しんでいただけるようなパフォーマンスをしたいですね」と語るのは玉置。宮下も「春に続いて、また秋にイオンモールで野外フェスに出させていただけるのはありがたいです。出演時間帯が2部(開園予定15時)なので、夕陽の時にパフォーマンスする曲も用意しています」とコメント。

グループとしてのオリジナル楽曲も増えているPRIZE-OUTなので、「前とは違った楽しみ方ができると思いますし、野外ならではのバイブス感などの、僕らでしか出せないパワーを最大限に発揮したい」(CHIKARA)と意気込む。12月にはワンマンライブも控えているが、Kenは「ワンマンを目指してやってきたので、その前にこの野外フェスを盛り上げて、勢いをつけて12月に挑みたいと思います」。

さらに、来年の目標を聞かれると加藤は、「Kenがグループを抜けちゃうので、4人になるか5人になるかわからない未来なんですけど(汗)、『抜けて弱くなったよね』と言われないように、この1年分の経験を次に向けて、上に上がれるように頑張ります」と前向きだ。

セルフプロデュースでやってきたこの1年を振り返って玉置は、「パフォーマンスの自由度が高いのが特色。上の方に『ここはこうして』と良くも悪くも言われないので、自分たちの好きなものを生かせる場になっている」と活動を自画自賛。CHIKARAも「本当に僕らが言いたいことをそのまま楽曲に映しているので、そこは他のグループには負けない」と胸を張った。自由度の高いパフォーマンスで一大イベントの超注目株を狙っている。


2019/11/15 21:00

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事




アクセスランキング