wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
飯豊まりえと江野沢愛美が映画『シライサン』 Seventeen特別試写会舞台挨拶に登壇! サプライズ恐怖映像にビビりまくり!

女優の飯豊まりえとモデルの江野沢愛美が12日、映画『シライサン』のSeventeen特別試写会舞台挨拶に登壇した。

本試写会は、2020年1月10日(金)の公開に先駆けて女子高生を含めた約160名を招待し、映画本編の先行鑑賞を行った。

今回の作品が初の単独主演となった飯豊は、「とても嬉しかったです。凄く緊張感のある中で撮影をさせて頂きました。」とコメントし、ホラー映画への出演について聞かれると「個人的にお化けが苦手なので、ついに来てしまった!とびっくりした気持ちでもありました」と複雑な心境を告白した。

一方、江野沢は、「まだ皆さん見ていないので何も言えないですが(笑)準備期間が色々とかかる役柄で初めて悩みましたし、今までやってきたお仕事の中で一番大変でした」と撮影の過酷さを打ち明けた。

そして、撮影時のエピソードを聞かれると、飯豊は「ホテルの時間が1番怖かった。塩を2キロ持参して、毎日取り替えました。危機管理です(笑)」と明かし、一方、江野沢も塩を持ち歩いていたそうで「塩をまいて自分を清めてから部屋に入っていました。部屋にもまいていました(笑)」と語った。

ここで、お祓い塩のエピソードにちなみ、キャストからお祓い塩ならぬ”お祓い塩飴”を観客にプレゼント。カラーキューブに入れられた塩飴が客席に投げ込まれると、女子高生達からは黄色い歓声が上がった。

更に、今回は”日本初”新感覚の映画体験【イヤホン360】の体験も行いながら鑑賞。
【イヤホン360】とは、上映中にイヤホンをつけて頂くことで、映画本編にはない特別な音を付加して鑑賞するとができる、新しい映画の鑑賞スタイル。

一足先に体験した飯豊は、「これで見た方がより面白く楽しめます!更に怖さがアップするので、アトラクション感覚で見れますよ!」と恐怖倍増をアピール。

最後に、飯豊が締めのコメントを喋り始めると、サプライズで会場が暗転し、スクリーンには”シライサン”からのメッセージが映し出され「怖いっ!えっ!何?怖い、怖い、怖い」と江野沢に抱きつく場面が。このサプライズに飯豊は「誰も聞かされてない。ビックリした!」と動揺しながらも、「”シライサン”からの呪いを解く方法があれば是非探してみてください!」とコメントして締めくくった。


2019/12/14 17:02

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事




アクセスランキング