wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「EXO」のアジア人気が止まらない!メンバープロフィール、経歴、楽曲を総まとめ!

日本、韓国、中国など、アジアを中心に高い人気を維持し、活動の動向や派生ユニットについても何かと期待が寄せられる9人組ボーイズグループ「EXO」。グループやソロでの国境を越えた活躍ぶり、メンバーの脱退など、常に話題が絶えません。様々な架空設定も存在するEXOの、メンバープロフィールや経歴などをまとめました。

人気も、注目度も、期待値も高い!9人組ボーイズグループ「EXO」

2012年、韓国と中国で同時にデビューし、日本でも活躍の幅を広げ続けるボーイズグループ「EXO」(エクソ)。東方神起、BoA、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINeeなどで知られる大手芸能事務所「SM Entertainment (SMエンターテインメント)」に所属し、現在は韓国人メンバー8人、中国人メンバー1人の9人が在籍しています。他のK-POPグループにはない独自の架空設定やコンセプトが次々と登場。さらに、メンバーのソロ活動やグループ活動状況など、日本でも、韓国でも、そして中国でも、常に注目が寄せられています。人気も期待値も言うことなし!「EXO」のメンバーのプロフィールや活動経歴とともに、おさえておくべきグループの特徴などをご紹介します。

おさえておくべきポイントはコレ!「EXO」の基本知識

設定は宇宙&超能力?!

太陽系外惑星「Exoplanet」のモチーフからグループ名が付けられた「EXO」には、「未知の世界からやって来た新スター」という独自の世界観が演出されているのをご存知でしょうか?!「宇宙から地球に不時着し、記憶を失った伝説」という基本設定を軸に、物語が繰り広げられた韓国デビュー曲「MAMA」。天と地の創造によって伝説が二つに分けられ、「EXO-K」・「EXO-M」となった後、それぞれが超能力に目覚めていく、というストーリーです。デビューから月日が経ち、活動キャリアが積み重ねられてからも、この架空設定が様々な場面で取り入れられています。また、各メンバーには背番号も存在。自らの希望の数字で指定されています。

メンバー脱退後の新設定と「X-EXO」

「EXO-K」と「EXO-M」に振り分けられたメンバーには互いに対称ペアが組まれていましたが、デビュー当時のメンバーだったうちのルハン、クリス、タオが2015年までに脱退。9人組となったEXOでは、「地球上で発見された9つの謎の物質「EXOPLANET」が結合し、結晶「THE EXOLUTION」になる」という新たな設定が生まれました。以降、中国人メンバーの活動状況に変化が生まれる中、2019年のフルアルバム「OBSESSIO」リリースの際には、「X-EXO」なる存在まで登場。 メンバーひとりひとりが自分の中の闇(=「X」)と対峙する、というコンセプトは、これまで以上の注目を浴びました。

「EXO-K」&「EXO-M」+「EXO-L」って?!

「EXO」に在籍するメンバー全員が、「EXO-K」のKはKorean(コリアン)、「EXO-M」のMはMandarin(マンダリン:中国の標準語)を意味する2つのグループのうちのどちらかに振り分けられています。「EXO-M」は韓国、「EXO-M」は中国に拠点を置き、「EXO」の全体での活動とは別途、それぞれに個別で活動しています。さらに、ABC順で「K」と「M」の間の「L」が「EXO-L」に由来していて、LはLove。つまり、EXO-KとEXO-Mを応援するファンのことが意味されています。

「EXO」のメンバー9人のプロフィール

SUHO (スホ)

生年月日:1991年5月22日生まれ。
出身地:韓国・ソウル特別市
血液型:AB型
所属:EXO、EXO-K
架空設定能力:水
背番号:1 (2013年半ばまでは「7」を使用)
担当:リードボーカル、EXO・EXO-Kリーダー
韓国語の「守護」から付けられたスホの芸名には、「EXOを守護する」という意味が込められています。 ソロでも楽曲歌唱をこなす他、ドラマや映画、ミュージカル出演などの俳優業も。2020年3月には、1stミニアルバム「Self-Portrait」をソロでリリースしました。

BAEKHYUN (ベクヒョン)

生年月日:1992年5月6日
出身地:韓国・京畿道富川市
血液型:O型
所属:EXO、EXO-K、EXO-CBX
架空設定能力:光
背番号:4
担当:メインボーカル
いたずら好きで元気なキャラクターを表す「ビーグルライン」の一人。「Miss A」のスジ、K.will、「SISTAR」のソユ、韓国人ラッパーLOCOらとの楽曲(歌唱)コラボレーションをしたこともあります。2019年には、EXOのカイ、SHINeeのテミン、NCT127のテヨンとマーク、WayVのルーカスとテンと共に、アメリカを拠点として活動するSMエンターエンターテインメントのボーイズグループ「SuperM」のメンバーとしてもデビューしました。

CHANYEOL (チャンヨル)

生年月日:1992年11月27日
出身地:韓国・ソウル特別市
血液型:A型
所属:EXO、EXO-K、EXO-SC
担当:メインラッパー、サブボーカル
架空設定能力:火
背番号:61
ビーグルラインの一人。「少女時代」の日本デビュー曲「GENIE」をはじめ、K.wilや「H.O.T.」の楽曲のミュージックビデオ出演、「SUPER JUNIOR」のヘンリー、チョウミ、イェソンとのフィーチャリング経験などもあります。

D.O. (ディーオー)

生年月日:1993年1月12日
出身地:韓国・京畿道高陽市
血液型:A型
所属:EXO、EXO-K
担当:メインボーカル
架空設定能力:力
背番号:12
※2019年7月1日に入隊し、2020年3月現在は兵役中。
本名でもあるド・ギョンスという名義で、ドラマ「100日の朗君様」(2018年)の主演をはじめ、「大丈夫、愛だ」(2014年)、「君を憶えてる」(2015年)などに出演しており、ドラマや映画での俳優としてのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。第53回百想芸術大賞 映画部門人気賞や第2回Asia Artist Awards ドラマ部門人気賞の受賞経歴などもあり、個人としても活躍しています。

KAI (カイ)

生年月日:1994年1月14日
出身地:韓国・全羅南道順天市
血液型:A型
所属:EXO、EXO-K、EXO-SC
担当:メインダンサー、リードラッパー、サブボーカル
架空設定能力:瞬間移動
背番号:88
ソウル市瑞草区にあるカフェ「KAMONG CAFE」の経営者が実の姉であることが知られているカイ。九州の情報番組でのモノマネがきっかけとなり、平野ノラとのネタ披露経験があるなど、知られざるエピソードもあります。ベクヒョンと同じく、アメリカを拠点に活動するボーイズグループ「SuperM」に所属。

SEHUN (セフン)

生年月日:1994年4月12日
出身地:韓国・ソウル特別市
血液がt:O型
所属:EXO、EXO-K、EXO-SC
担当:サブラッパー、リードダンサー
架空設定能力:風
背番号:94
EXOのファンカフェによる故郷への寄付活動、中国のファンサイトによるスコットランドの土地購入、及び環境保護団体からの称号付与などのエピソードも知られるセフン。同じSMエンターテインメント所属の神話(SHINWHA)の楽曲「YO!」(2014年)や、BoA(feat.ゲコ)の楽曲「Who Are You」では、それぞれでミュージックビデオの出演を果たしています。

XIUMIN (シウミン)

この投稿をInstagramで見る

#HappyXIUMINDay ?? - #200326 #시우민 #XIUMIN @e_xiu_o

EXO Official(@weareone.exo)がシェアした投稿 -

生年月日:1990年3月26日
出身地:韓国・京畿道九里市
血液型:B型
所属:EXO、EXO-M、EXO-CBX
担当:サブボーカル、サブラッパー
架空設定能力:氷結
背番号:99
※2019年5月7日に入隊し、2020年3月現在は兵役中。
韓国人メンバーでありながら、中国を拠点とする「EXO-M」への加入を自ら希望したことが知られているシウミン。ファンコミュニティによる児童福祉後援、韓国プロ野球リーグの始球式への登場などのエピソードも。2020年内での除隊が伝えられています。

LAY (レイ)

生年月日:1991年10月7日
出身地:中国湖南省
血液型:A型
所属:EXO、EXO-M
担当:メインダンサー、リードボーカル
架空設定能力:治癒
背番号:10
現在、EXOに在籍している唯一の中国人メンバー。中国を拠点にソロ活動や俳優業を展開させており、多くのドラマや映画に出演する他、複数のバラエティー番組でのレギュラー出演も果たしています。長期間、EXOでの活動は停止しているものの、メンバーとしてグループには在籍中。

CHEN (チェン)

生年月日:1992年9月21日
出身地:韓国・大田広域市
血液型:B型
所属:EXO、EXO-M、EXO-CBX
担当:メインボーカル
架空設定能力:雷
背番号:21
チャンヨル、ベクヒョンと共に、ビーグルラインの1人。ドラマ「大丈夫、愛だ」(2014年、D.O.ことド・ギョンス出演)、「ミッシングナイン」(2017年、チャンヨル出演)、「100日の郎君様」(2018年、ド・ギョンス主演)、「真心が届く」(2019年)などのOST楽曲を歌っている他、2019年4月にはソロデビューも果たしています。BoAの楽曲「No.1」(2002年)ではミュージックビデオに出演。

「EXO」ディスコグラフィー&日本での活動経歴、派生ユニットも!

韓国&中国でのリリース

2012年4月8日のデビューから2019年までに、11作品のスタジオ・アルバム、6作品のミニアルバム、6作品のデジタルシングルがリリースされています。ほとんどのリリース作品では、韓国語版と中国語版の二種形態としてリリース。中には、タイトル曲の曲名がそれぞれの言語別に異なっていたり、どちらかの言語向けバージョンのみの楽曲が収録されていたりすることもあります。韓国では、今や「K-POPキング」とも称されるEXO。これまでに、ゴールデンディスク賞、ソウル歌謡大賞、Mnet Asian Music Awards、Melon Music Awards、Asia Artist Awards、韓国大衆音楽賞などで本賞や大賞、ベスト男性グループ賞などといったメインの賞を複数回、獲得してきました。また、中国でも、音楽界を代表する最高グループ賞などに輝いています。

日本での活動経歴

日本ではは、2015年11月4日にリリースされたシングル「Love Me Right 〜romantic universe〜」でデビューを果たしています。同じく2015年に、デジタルシングル「Lightsaber Japanese Ver.」、2016年には、2ndシングル「Coming Over」をリリース。2016年の日本ゴールドディスク大賞では、アジアニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー、及び、アジアベスト3ニュー・アーティストに輝きました。2018年には、待望の1stアルバム「COUNTDOWN」をリリース。 また、多くの単独ツアーやファンミーティングが日本国内で開催。アジア・ソング・フェスティバル、KCON、a-nationといった大型イベントへの出演も常連となっており、日本のファンからも絶大な人気を得ていることは言うまでもないでしょう。

派生ユニット「EXO-CBX」

EXOメンバーのうち、チェン、ベクヒョン、シウミンで結成された3人組ユニット。 韓国ではEXOと同じく、「SMエンターテインメント」に所属しています。2016年10月31日、ミニアルバム「Hey Mama!」をリリースしてデビュー。2017年以降は日本でも活動しており、5月24日にミニアルバム「Girls」をリリースして公式デビュー。日本でのレーベルは「avex trax」です。

派生ユニット「EXO-SC」

この投稿をInstagramで見る

세훈&찬열 WHAT A LIFE

SEHUN(@oohsehun)がシェアした投稿 -

EXOメンバーのうち、セフンとチャンヨルで結成された2人組ユニット。2019年7月22日、ミニアルバム「What a life」でデビューしました。アルバムに収録された楽曲は、セフンとチャンヨルが全曲の作詞に参加。デビュー時には、韓国でショーケースが開催されました。さらに2020年1月には、日本で初となるイベント「EXO-SC Japan Special Event 2020」も開催。大盛況をおさめました。

今後の動向が見逃せない!「EXO」のさらなる魅力に乞うご期待!

この投稿をInstagramで見る

엑소 리허설중^^ 摄影:张艺兴 哈哈

Lay Zhang(@layzhang)がシェアした投稿 -

近年、韓国と中国の間ではエンタメ界における活動や契約の法律が移り変わっており、両国で活動するグループにとっての影響は決して少なくありません。韓国と中国で目覚ましい活躍を遂げてきたEXOだからこそ、メンバーの活動状況に関する様々な噂が流れてくるのでしょう。一方で、韓国では兵役における法改正もなされ、兵役期間が短縮されています。入隊中のメンバーのカムバックを期待するとともに、ソロ活動で人気を博しているメンバーの情報もチェックしておきたいですよね。日本向けの情報としては、2020年2月26日のLIVE DVD&Blu-Lay「EXO PLANET #5 - EXplOration - in JAPAN」リリースに伴うティザー公開、バラエティ番組「EXOのあみだで世界旅行~高雄&墾丁編~」DVDの2020年5月29日の発売などが発表されています。今後の活動&リリース情報をおさえておくと同時に、これまでの楽曲や出演作品なども振り返ってみてはいかがでしょうか?さらなる話題と魅力を発信し続けてくれるであろうEXOの動向に、ますます目が離せません!


2020/03/27 22:30

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事

最新記事




アクセスランキング