wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ソン・ジュンギ&キム・テリ「勝利号」がベールを脱いだ...今年の夏公開目標


俳優ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ主演の映画「勝利号」が、ベールを脱ぎました。

7日、配給会社のMERRYCHRISTMASは、「勝利号」(監督:チョ・ソンヒ、制作:映画社ビダンギル)のローンチ予告編を公開しました。

「勝利号」は、2092年、宇宙ゴミ清掃船“勝利号”の船員が大量殺傷武器で知られた人間型ロボット ドロシーを発見した後、危険な取り引きに飛び込む話を描いた作品です。 「私のオオカミ少年」、「探偵ホン・ギルドン~消えた村~」のチョ・ソンヒ監督の次期作です。

ローンチ予告編は、パッと開けた宇宙、地球の上を遊泳している人類の新しいくつろぎの場所である衛星軌道の姿から始まります。 ハリウッドの専有物だと思っていた宇宙に韓国キャラクターを打ち上げた「勝利号」は、韓国の想像力と技術力のシナジーを予告します。

時は2092年、宇宙は廃棄された人工衛星、漂流する宇宙船など危険なゴミでぎっしり埋まって、勝利号はお金になるゴミを探して他の国の清掃船らと競争して宇宙を行き来する。 スピード感あるように他の宇宙船を締め出す勝利号の滑降とアクションは、勝利号に搭乗した船員の変身を通じて異彩を放つように近づきます。

3年ぶりにスクリーンに復帰する操縦士テホ役のソン・ジュンギは、特有の素敵さが垣間見られる余裕まんまんな笑顔とは違って、本来靴もなく穴があいた靴下を履いて勝利号を操縦する姿で、そんなキャラクターなのか気がかりにさせます。 勝利号の若いリーダー、チャン船長役のキム・テリは、オールバックのボブスタイルにサングラス、レーザー・ガンをねらう威風堂々とした姿から、もう一度の変身を予告します。 機関士タイガー・パク役のチン・ソンギュは、レゲエヘアと全身を覆った入れ墨で、それこそ破格的変身というほどの姿で力強くエンジン コア レバーを押し出します。

また、一番最初に銛で刺す清掃船がゴミを独占するが、速い銛の手並みがカギである銛投げロボットオプトン。 口笛のような音とともに宇宙を分けてすがすがしく遊泳して銛を飛ばすオプトンの姿は、韓国映画最初のモーションキャプチャーで他の俳優らと共に息を合わせて演技した俳優ユ・ヘジンを通じて完成されました。

「勝利号」という今年の夏の公開を目標に後半作業中です。















2020/05/07 15:32

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「ソン・ジュンギ」の関連情報

最新記事


アクセスランキング