wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
IU&SUGA(BTS)赤頬思春期(BOL4)&ベクヒョン(EXO)、チャートを平定した“甘い”デュエット


それこそデュエット全盛時代なようです。 歌手IUが、グループ「BTS(防弾少年団)」のSUGA、「赤頬思春期」(BOL4)とグループ「EXO」のベクヒョンが、強大なシナジーを見せて音源チャートを占領しました。

IUは6日、SUGAと共にした新曲「eight(prod. & Feat. SUGA of BTS)」をリリースしました。 「eight」は、昨年11月リリースした5thミニアルバム「Love poem」以後、6ヶ月ぶりにリリースした新曲。 IUとSUGAが音楽的な共感を分けて、共同プロデュースし、SUGAがフィーチャリングにまで参加しました。



「eight」は、「二十三」、「パレット」に続くIUの年齢シリーズです。 1993年生まれの同い年のミュージシャンであるIUとSUGAは、28歳、最高のミュージシャンの位置に立っている現在の心境を歌詞に書きました。 SUGAがビートを書けばIUがメロディを作りました。

大衆性を備えたIUと自分だけの音楽性を有しているSUGAのコラボは好き嫌いなく完ぺきなIUとSUGAの作品世界で誕生しました。 アナログ感性に華麗でトレンディーなサウンドを組合わせたバンド基盤のポップロックジャンルの「eight」は、IUらしいヴォイスカラーとSUGAのラップと編曲は、バランス感あるようによくマッチして、各自が持っている音楽的感性を最大化して大衆の好みも合わせることができたようです。

「eight」は発売直後から韓国内の最大音楽配信サイトMelonチャートでただの一度も他に1位の席を許さなかったです。 発売10日目である15日にも全音源チャートのトップをオールキルしながら1位を守っています。 また「eight」は、iTunesのワールドワイドソングチャートの1位に登板し、アメリカなど59地域でiTunesトップソングチャート1位も記録しました。




「赤頬思春期」と「EXO」のベクヒョンの組合せも大衆の好みを狙撃しました。 7日、「赤頬思春期」はニューミニアルバム「思春期集 花見た蝶」の先行公開曲「蝶と猫」をリリースした。 「蝶と猫」は発売当日から主な音源チャート2位あるいは3位に留まっています。

「蝶と猫」はジャズピアノとストリングアンサンブルが神秘的な雰囲気を演出する曲で、赤頬思春期が初めて試みるジャンル。 ベクヒョンがフィーチャリングに参加して息を合わせました。



「赤頬思春期」の独特のヴォイスカラーとベクヒョンのソフトなボーカルは、「蝶と猫」の切なくて愛らしい感性を倍加させて今春最もあたたかくて感性的なデュエット曲に完成しました。

発表する曲ごとに大衆の大きな愛を受けた「赤頬思春期」は、今回も音源パワーを立証しました。 ソロアーティストとしても底力を発揮して、スジ、ソユなどとのデュエットで特級コラボパワーを見せたベクヒョンもその力を証明しました。

IUとSUGA、「赤頬思春期」とベクヒョンは、大衆が期待していた以上の結果を出した。 大衆は正しい組合せ、良い歌に歓呼して、熱烈な愛で応えています。

2020/05/17 13:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


最新記事


アクセスランキング