wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ウ・ドファン、「ザ・キング」での1人4役で方言の演技など恐ろしい成長…“より良い演技を見せる”



俳優ウ・ドファンが「ザ・キング」で恐ろしい成長を見せました。
SBS金土ドラマ「ザ・キング – 永遠の君主」(以下、「ザ・キング」)の放送が12日に終了しました。 「ザ・キング」は、大韓帝国と大韓民国というふたつの世界を通してこれまで見たことのない平行世界の物語を展開して視聴者の注目を集めました。特に劇後半部では、伏線を収集して関心を集めました。



初めて1人2役に挑戦したウ・ドファンはこれに対して、「初めてシナリオと直面したときは難しく感じられ、どのように表現すべきか、本当に絶望的だった」としながら、「しかし、作家、監督、先輩に多くの助けをもらい、視聴者の方々が良い反応を送ってくださったおかげで楽しく演技することができた」と心境を伝えました。

また、「俳優として1人2役を演じることができる配役を引き受ける機会が多くない、『ザ・キング』を通じてチャレンジすることができて本当に良かった」とキャラクターに対する深い愛情を示しました。



演技的にはチョ・ウンソプとチョ・ヨンのふたりのキャラクターが、お互いの世界に交差して移動しながら1人2役を越えて1人4役を演じて好評を集めました。ウ・ドファンは「ヨンがウンソプを演技するときは少しぎこちない雰囲気を強く表現し、ウンソプがヨンを演技するときはヨンの硬い姿勢や歩き方、話し方などを大げさだと思うほどに表現しようとした」として、「ウンソプに対してヨンがそうするので、そんな行動が本当に最善を尽くした姿であった」と説明して劇中の役割演技もどれほど細かなキャラクターの分析によってなされたかを感じさせました。



キャラクターをうまく実感させてくれた方言での演技については、「以前に出演した『君を守りたい~SAVE ME~』では、テグ(大邱)の方言を演じたが、『ザ・キング』はプサン(釜山)地域の方言を演技しなければならなかったので、シナリオが出てくるたびに毎日練習をしていた」と明らかにしました。特に「ウンソプというキャラクターは、活力にあふれて弾むような魅力を見せなければならいので、方言をしっかり体得してこそそのような姿が出てくるという気が強くしていた」と方言での演技に注いだ努力を伝えました。


最後にウ・ドファンは、「前作の『私の国』が終わってもう8ヶ月程度たったが、いつのまにか8ヶ月という時間が流れてしまって私が『ザ・キング』でも最後のあいさつをすることになった。本当に休まず走ってきたと感じる」として、「視聴者のみなさんとファンのみなさんに発展し続ける姿、より良い演技をお見せしたい。これまで愛してくださり感謝する」と放送終了の感想を伝えました。

2020/06/14 15:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「ウ・ドファン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング