wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
チ・チャンウク &キム・ユジョン「コンビニのセッピョル」扇情性論争の中、初放送視聴率6.3%で出発


ドラマ「コンビニのセッピョル」が、扇情性論争の中6%台の視聴率で出発しました。

20日、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、19日午後10時に韓国で放送されたSBSの新金土ドラマ「コンビニのセッピョル」は、4.8%と6.3%の全国基準視聴率(以下、同一基準)をマークしました。

これは前枠の「ザ・キング:永遠の君主」が記録した最終回の視聴率である8.1%より低い数字だが、この日同時間帯放送された地上波番組の中で視聴率1位に該当します。



だが、この日の放送分は家族と共に視聴するのには多少きまり悪いシーンがあったという理由で、視聴者たちの憂慮を生んでいるようです。 主人公チェ・テヒョン(チ・チャンウク)の友達ハン・ダルシク(ウム・ムンソク)のR18の成人ウェブトゥーンを作業するシーンで女性の身体イメージが入れられたという点、チェ・テヒョンがコンビニのアルバイト チョン・セッピョル(キム・ユジョン)の家を訪ねて行って、不法売春が行われている部屋に誤って入って行くシーンも入れられたという点などの理由で、地上波チャネルで家族と共に視聴するにはちょっと行き過ぎと指摘されたようです。

「コンビニのセッピョル」と同時間帯に放送されたMBCのバラエティー「偏愛中継」は4.5%と6.2%、KBS 2TVの「新商品発売~コンビニレストラン」は2.9%と5.4%をそれぞれ記録しました。

2020/06/20 12:36

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「チ・チャンウク」の関連情報



最新記事
アクセスランキング