wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
パク・ボゴム&パク・ソダム&ピョン・ウソク、「青春記録」台本リーディング現場を公開


新ドラマ「青春記録」が眩しくときめく青春シナジーを発散し、初の台本リーディングで期待を高めました。

9月初めに韓国で放送予定のtvNの新月火ドラマ「青春記録」は、現実の壁に絶望せずに夢と愛を叶えるために努力する若者たちの成長記録を描きます。

夢見ることさえ贅沢になってしまった現代の若者たちが、それぞれの方法で夢に向かって直進し、彼らの熱い記録がときめきと共感をプレゼントします。

完成度を保証するヒットメーカーたちの出会いにも期待が膨らみます。

「秘密の森」「アルハンブラ宮殿の思い出」「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」などを通じて緻密ながらも繊細な演出力を見せてくれたアン・ギルホ監督と、「ドクターズ」「愛の温度」など暖かく感性的なストーリーに現実的な視線を溶かすハ・ミョンヒ作家が意気投合し、ドラマファンをときめかせています。

パク・ソダムは、夢に向かって直進する器用なアン・ジョンファに扮し演技変身を披露します。
社会生活をうまくやりこなすメイクアップアーティストのアン・ジョンファは、しっかり者の魅力をうまく表現しています。

疲れて大変な時にはサ・へジュンのファンとして愛らしいエネルギーを発散し愉快な笑いをプレゼントします。何よりも期待を集めたパク・ボゴムとパク・ソダムの呼吸は、完璧だったようです。

互いに変化していく感情を繊細に演じ、ときめき指数を高めています。この特別な関係を持った2人がどのように変化していくのか、すでに期待感を刺激している状況です。

ライジングスターのピョン・ウソクは、自分の努力を認められたいウォン・ヘヨ役でテンションを引き上げました。劇中ウォン・ヘヨは、自分が好きなことには最善を尽くします。
モデル出身らしくキャラクターとシンクロ率100%を披露したピョン・ウソクは、温かくて優しい姿や公平な評価を望む負けず嫌いなウォン・ヘヨを立体的に描き出しキャラクターの魅力を倍加させました。

特に、同じ夢を育ててきた特別な友人パク・ボゴムとのケミ(相手との相性)は見る人の心を温かくし、二人が見せるブロマンス(男同士の友情)に対する期待感を高めています。

「青春記録」の制作陣は、「キャラクターの味を生かす俳優たちが集まっただけに一瞬たりとも目を離すことができなかった時間だった。繊細な台本上での俳優たちのシナジー効果は圧巻だった」とし、「誰にでもきらびやかな時期、夢と愛を叶えるために努力するこの時代の若者たちの姿を現実的に溶かした作品だ。全ての人が共感できる愉快な笑い、温かい話を披露する」と伝えました。

一方、「冬のソナタ」「太陽を抱く月」「サム、マイウェイ」「椿の花咲く頃」など、数々のヒット作を作り出したドラマ名家のpanエンターテイメントが制作を手がけ、ウェルメイドドラマの誕生を期待させる「青春記録」は、9月に韓国で放送予定です。

この日行われた台本リーディングには、アン・ギルホ監督やハ・ミョンヒ作家をはじめ、パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソク、ハ・ヒラ、シン・エラ、ハン・ジニ、パク・スヨン、ソ・サンウォン、シン・ドンミ、イ・チャンフン、イ・ジェウォン、クォン・スヒョンン、チョ・ユジョンなどの錚々たるベテラン俳優や人気俳優が総出動しました。

本格的な開始に先立ち、アン・ギルホ監督は「良い影響を与えようと出発した作品である。若者たちの成長を通じて感動を与えることができたら」と、特別な抱負を伝えました。

眩しく輝く青春の1ページを描く俳優たちの呼吸は最初の出会いから輝いていました。

まず、説明の必要がないパク・ボゴムは、情熱を抱いた現実主義者のサ・へジュンに完全に溶け込んだ姿で一気に視線をひきつけました。

彼は繊細な演技で現実感を生かし感情の緩急をうまく調節し雰囲気を導きました。地に足をつけ俳優という夢を叶えるために必死になって走り続ける姿はパク・ボゴム特有の肯定エネルギーと調和し、その魅力をさらに発揮しました。

パク・ボゴムは「青春記録というタイトルのように、再び戻ってこない今の時間、この青春が美しく記録され記憶されることができるよう一生懸命頑張る」という特別な所感を伝えました。

2020/07/02 23:13

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「パク・ボゴム」の関連情報

最新記事


アクセスランキング