wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
歌手ユンナが声で“才能寄付”。読書脆弱階層の子どもたちのために童話本を読む。


歌手ユンナが読書脆弱階層の子どもたちのための希望プロジェクト「スター本の部屋」のオーディオクリップに参加しました。

ユンナは「スター本の部屋」の4人目の主人公として6月29日には「黄金ロボット、出動」と7月2日には「餅食べ賭け」の朗読を公開しました。

ユンナはこの2つの作品を順番に朗読し、MBCラジオ「星が輝く夜に」の最年少DJ出身の安定したトーンと温かい感性で、子どもたちに物語を届けました。

朗読を終えたユンナは「“スター本の部屋”に参加することができて嬉しいです。私の声で何か良いことをできるという点、そして、童話の本を読んであげることができるというのがとても嬉しかったです」とし、「幼い頃はこんなにも多くの種類の童話はなかったように思います。最近は、可愛くて絵も多彩な童話が多いようです。本が多様になった分、子どもたちもより多くのお話を楽しめるようになると嬉しいです」と感想を伝えました。

「スター本の部屋」は、人気スターたちが自分で選んだ童話本を“リレー才能寄付”というスタイルで子どもたちに読んであげるキャンペーンです。家庭環境や障がいなどの理由から、童話本に接する機会が少ない、読書脆弱階層の子どもたちのためにスターたちが自ら朗読に参加します。これまでに、歌手イ・ソクフン、「WekiMeki」のセイとスヨン、俳優パク・ヘジンらが参加してきました。




2020/07/03 18:10

この記事が気に入ったら




「ユンナ」の関連情報

最新記事


アクセスランキング