wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【この作品に出会えてよかった。】心にぐっとくる傑作ヒューマンドラマ厳選8作品【韓国ドラマ】

韓国ドラマといえば、恋愛モノというイメージが強いですが、最近では恋愛要素が少ないヒューマンドラマに傑作が多く、韓国国内でも高く評価されています。 見ると心が豊かになったり、涙があふれたり、考えさせられるような、素敵な余韻の残る傑作ヒューマンドラマをご紹介します。ぜひ全作品ご覧ください。

1. マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~

http://program.m.tving.com/tvn/mymister

あらすじ

ドンフン(イ・ソンギュン)は、建設会社で働くサラリーマン。
大学の後輩だったト・ジュニョン(キム・ヨンミン)が社長に就任し、複雑な思いで日々を過ごしていた。
一方、社長のト・ジュニョンは、ドンフンの妻と隠れて不倫関係にあり、邪魔なドンフンに会社を辞めさせたいと思っていた。

そんな時、祖母を養い、金銭的に困っていた派遣社員のジアン(IU)は、ト・ジュニョンからお金をもらう代わりに、ドンフンを辞職させることを請け負い、ドンフンの盗聴を開始する…。

不遇な生活を強いられてきたジアン(IU)が、会社の上司のドンフンや、その地元の仲間たちと知り合うことで人の温かさを知っていく物語。
決して明るい作品ではないけれど、「見てよかった」と思えること間違いなし。見た後はきっと心地いい余韻が続きます。
2019年の百想芸術大賞ドラマ作品賞と脚本賞を受賞した作品です。

配信中: dTV, Netflix など

キャスト:
〇イ・ソンギュン(映画『パラサイト 半地下の家族』、『コーヒープリンス1号店』など)
〇IU(『ドリームハイ』、『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』など)
〇パク・ホサン(『刑務所のルールブック』など)
〇キム・ヨンミン(『愛の不時着』など)
〇チャン・ギヨン(『ここに来て抱きしめて』、『ゴーバック夫婦』など)
など

2. 記憶~愛する人へ~

http://program.tving.com/tvn/tvnmemory/6/Board/View?b_seq=1&page=1&p_size=10

あらすじ

パク・テソク(イ・ソンミン)は政財界の大物たちに関わる数々の訴訟を勝利に導いてきた凄腕弁護士。華々しく活躍するテソクだったが、妻ヨンジュ(キム・ジス)は家庭を顧みない夫の態度に寂しさを感じていた。
テソクと共に働くこととなった若手弁護士チョン・ジン(ジュノ)は、勝訴のためには脅迫まがいの手段も厭わないテソクのやり口に幻滅していた。 しかし、そんなテソクにも辛い過去があった。
15年前、元妻ナ・ウンソン(パク・ジニ)との間に生まれた息子ドンウをひき逃げ事件で亡くしていたのだ。犯人は見つからず、二人は離婚、事件はもうすぐ時効を迎えようとしていた。
そんなある日、テソクのもとに友人である医師から電話がかかってくる。それは、テソクがアルツハイマー病であるという衝撃的な診断結果だった。一人悩み、葛藤するテソクだったが、病は着実にテソクの記憶を蝕み、日常生活に支障をきたし始める。
そうした折、ドンウのひき逃げ事件にテソクの事務所の代表イ・チャンムの息子スンホが絡んでいることが判明し…。

出典元:https://www.bs11.jp/drama/kioku/

アルツハイマーで記憶を失っていく、というストーリーで、毎話毎話涙が溢れますが、「悲しい」というよりも「温かい」気持ちになる作品です。
主演のイ・ソンミンはもちろんのこと、法律事務所の部下を演じているジュノなど脇を固めるキャストの演技も素晴らしく、自然とのめりこんでしまいます。
2018年に中井貴一主演で日本でリメイクされていて、アメリカでもリメイクが決定しています。

配信中: u-next, dTVなど

キャスト:
〇イ・ソンミン(『ミセン-未生-』、『工作 黒金星と呼ばれた男』など)
〇キム・ジス(『花郎(ファラン)』、『完璧な他人』など)
〇パク・ジニ(『ホジュン ~伝説の心医~』、『ジャイアント』など)
〇ジュノ(『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』、『ただ愛する仲』など)
〇ユン・ソヒ(『この恋は初めてだから』、『ゴハン行こうよ』など)
〇ナム・ダルム(『あなたが眠っている間に』など)
など

3. 刑務所のルールブック

http://program.tving.com/tvn/prisonplaybook/9/Board/View?b_seq=1&page=1&p_size=10

あらすじ

メジャーリーグでのデビューを目前にしながら、過剰防衛の罪により刑務所に入ることになったプロ野球のエース、キム・ジェヒョク(パク・ヘス)。
同じ房には、有名人のジェヒョクをよく思わない収監者もいて・・。
野球以外にできることがないジェヒョクは、塀の中という未知の世界を生き抜き、また野球界に返り咲くことができるのか。

ジェヒョク自身も過剰防衛で刑務所に入っていますが、同じ房の収監者たちもそれぞれに事情を抱えていたりする人間ドラマが見どころ。何事にもまっすぐなジェヒョクと、彼を取り巻く人たちの関係に笑えたり、心が温かくなります。

ただ、良いところばかりでなく、薬物の恐ろしさなど犯罪のリアルな部分も描かれています。

配信中: Netflixなど

キャスト:
〇パク・ヘス(『青い海の伝説』、『六龍が飛ぶ』など)
〇チョン・ギョンホ(『賢い医師生活』、『愛の不時着』など)
〇クリスタル(『相続者たち』、『ハベクの新婦』など)
〇チョン・ウンイン(『君の声が聞こえる』、『華政』など)
〇チョン・ヘイン(『あなたが眠っている間に』、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』など)
など

4. ディア・マイ・フレンズ

http://program.m.tving.com/tvn/dearmyfriends

あらすじ

作家として日の目を見られず、翻訳で生計を立てている独身のワンは、母親のナンヒから自分の友達の話を小説にしないかと提案される。「年寄りの話なんか誰も興味を持たない」と一蹴するワンだが、結局、運転手として母親たちを乗せて同窓会の会場へ。すると、そこへナンヒと大親友だったが、ある日を境に犬猿の仲となってしまったヨンウォンが現れ大げんかに!?

出典元:https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000SH7GL

夫との死別、認知症、老々介護、身体障害、不倫、病気など、さまざまな問題に直面するシニア世代と、その子供たちの世代を描いた作品。
『その冬、風が吹く』や『大丈夫、愛だ』など名作を生みだしてきたノ・ヒギョンが脚本を担当し、大ベテランの役者が集結しました。
リアルな演技に引き込まれ、どの世代にも響く笑いありの感動作です。決してシニア向けの作品というわけではなく、どんな方にもぜひ見てほしい作品です。

2017年の百想芸術大賞テレビ部門作品賞と脚本賞を受賞しています。

配信中:u-next, dTV など

キャスト:
〇コ・ヒョンジョン(『女王の教室』、『善徳女王』など)
〇キム・ヘジャ(『優しくない女たち』、『宮-Love in Palace-』など)
〇コ・ドゥシム(『上流社会』、『伝説の魔女』など)
〇ナ・ムニ(『ワン家の家族たち』、『彼らが生きる世界』など)
〇ユン・ヨジョン(『本当に良い時代』、『棚ぼたのあなた』など)
〇シン・グ(『月桂樹洋服店の紳士たち』、『オレのことスキでしょ。』など)
〇チョ・インソン(『大丈夫、愛だ』、『その冬、風が吹く』など)
〇イ・グァンス(『大丈夫、愛だ』、『花郎(ファラン)』など)
〇ダニエル・へニー(『私の名前はキム・サムスン』、『春のワルツ』など)

など

5. ハイバイ、ママ!

http://program.tving.com/tvn/hibyemama/9/Board/View?b_seq=6&page=1&p_size=10

あらすじ

夫ガンファとの子供を身ごもっていたユリは交通事故に遭い、子供は助かったものの、一度もその子供を抱くことなく亡くなってしまう。
その後ガンファは再婚し、後妻のミンジョンと、ユリとの子どもであるソウの3人で暮らしていた。だが実は、成仏できずにいた亡くなったユリは、幽霊となってずっとソウの成長をそばで見守っていた。ソウは生まれた時からずっと幽霊のユリがそばにいたせいで、幽霊が見える体質になってしまっていた。自分のせいでソウは幽霊が見えるようになってしまったと知ったユリが神様に悪態をつくと、死んだはずのユリは49日間の期限付きで生き返ってしまう。
与えられた49日の間に、ガンファの妻、そしてソウの母の座を取り返すことができれば、ユリはそのまま生き続けることができる・・。

http://program.tving.com/tvn/hibyemama/8/Board/View?page=4&b_seq=6

家族の愛、母の愛、友情などさまざまな形の愛情が描かれ、毎話号泣してしまうと話題の一作。
特に子育てを経験した人なら、涙なしでは見られないかもしれません。
限られた時間を生きるユリ(キム・テヒ)の姿に、自分も1日1日を大切に生きよう、と思わされます。

とにかく可愛い、娘のソウを演じた子役が男の子というのも衝撃の事実です。

キャスト:
〇キム・テヒ(『マイ・プリンセス』、『天国の階段』など)
〇イ・ギュヒョン(『刑務所のルールブック』、『秘密の森』など)
〇コ・ボギョル(『ゴー・バック夫婦』、『七日の王妃』など)
〇キム・ミギョン(『ヒーラー〜最高の恋人〜』、『相続者たち』など)
など

6. ミセン-未生-

http://program.tving.com/tvn/misaeng/14/Board/View

あらすじ

幼い頃から囲碁の棋士を目指していたチャン・グレ(イム・シワン)は、父の他界を機にその道をあきらめ、母親のつてで大手総合商社のインターンになる。コピーの取り方すらわからないグレだったが、なんとか2年間の契約社員として入社することに。
優秀な同期に囲まれ、自分の無力さを痛感しながらも奮闘するグレ。一方、エリート街道を歩んできた優秀な同期たちも、それぞれの環境で葛藤しながら成長していく。

韓国の熾烈な競争社会、いまだ残る男尊女卑の風潮、派閥争い、非正規雇用など、様々な現実的な社会問題に焦点を当てた作品。

出演者の演技力も素晴らしく、セリフの一つ一つが心に響きます。働くすべての人に見てほしい名作です。

日本でも『HOPE~期待ゼロの新入社員~』として、2016年にリメイクされました。

配信中:Hulu, U-next, dTV, Amazon Prime Videoなど

キャスト:
〇イム・シワン(『太陽を抱く月』、『王は愛する』など)
〇イ・ソンミン(『記憶 ~愛する人へ~』、『パスタ』など)
〇カン・ソラ(『ドリームハイ2』、『ドクター異邦人』など)
〇カン・ハヌル(『椿の花咲く頃』、『相続者たち』など)
〇キム・デミョン(『賢い医師生活』、『ビューティー・インサイド』など)
〇ピョン・ヨハン(『六龍が飛ぶ』、『ミスター・サンシャイン』など)
〇シン・ウンジョン(『シンイ-信義-』、『無法弁護士』など)
〇パク・ヘジュン(『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』、『夫婦の世界』など)

など

7. 椿の花咲く頃

http://program.kbs.co.kr/2tv/drama/camellia2019/pc/news.html?source=scoop&sname=story&stype=magazine&contents_id=70000000332250

あらすじ

田舎町オンサンに引っ越してきた、シングルマザーのトンベク。そんなトンベクに一目ぼれした、警察官のヨンシク。町の人たちは人情は厚いが、トンベクへの風当たりは強い。そんな田舎町のオンサンでは、数年前から連続殺人事件が発生していて、ある日トンベクが営むスナックの壁に、連続殺人犯からと思われる脅迫文が書かれているのが見つかる・・。

トンベクとヨンシクの恋愛が軸となりつつ、家族愛や人の温かさ、そこにサスペンスの要素など、さまざまな要素がバランスよく組み合わされたとても完成度の高い作品です。
近年まれにみるほどハイレベルだった2020年の百想芸術大賞では、見事「テレビ部門大賞」を受賞したほか、男性最優秀演技賞(カン・ハヌル)、男性助演賞(オ・ジョンセ)、脚本賞(イム・サンチュン)と4冠に輝きました。

配信中:Netflix

キャスト:
〇コン・ヒョジン(『大丈夫、愛だ』『主君の太陽』など)
〇カン・ハヌル(『ミセン-未生-』、『相続者たち』など)
〇キム・ジソク(『トップスター・ユベク ~同居人はオレ様男子~』、『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』など)
〇オ・ジョンセ(『ミストレス~愛に惑う女たち~』、『サイコだけど大丈夫』など)
〇ヨム・ヘラン(『無法弁護士~最高のパートナー』、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』など)
〇キム・ソニョン(『愛の不時着』、『ロマンスは別冊付録』など)

など

8. ライブ~君こそが生きる理由~

あらすじ

女性で地方大学出身というだけで就職できずにいたハン・ジョンオ(チョン・ユミ)と、働いていた会社がマルチ商法で倒産し、被害届を出しに行った先で出会った警官にあこがれたヨム・サンス(イ・グァンス)は、警察官を目指す。
熾烈な競争を経て警察学校を卒業したものの、韓国国内で最も忙しいと言われる「ホンイル交番」に配属される。
憧れと期待に胸をはずませていた2人だったが、想像よりも過酷な仕事が待ち受けており、彼らは夢と現実の壁にぶつかっていくのだが…。

出典元:http://klockworx-asia.com/live/

暴力、酔っ払い、殺人事件、事故などが次々と起こるホンイル分署で働く、警察官達の日々のリアルな姿を描いたヒューマンドラマ。
家族、仲間、それぞれのキャストのストーリー、韓国の社会問題などを深く描いていて、感情移入で涙が止まらなくなります。
理不尽な場面も含めて、とてもリアルなドラマ。

アメリカでのリメイクが決定しています。

配信中:dTV(レンタル)など

キャスト:
〇チョン・ユミ(映画『新感染ファイナル・エクスプレス』、『恋愛の発見』など)
〇イ・グァンス(『大丈夫、愛だ』、『ディア・マイ・フレンズ』など)
〇シン・ドンウク(『銭の戦争』など)
〇ソン・ドンイル(『恋のスケッチ~応答せよ1988~』、『刑務所のルールブック』など)
など

こちらもオススメ


2020/07/04 08:01

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事

最新記事


アクセスランキング