wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
歌唱力でミュージカル界のスターに駆け上がった中川晃教

歌手で俳優の中川晃教が11日と12日、東京・明治座で「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」を行った。

各スポーツ紙によると、4月13日~5月11日に同所で予定されていた主演作「チェーザレ…」が新型コロナの影響で全公演中止になったことを受けてのコンサート。

同劇場はコロナ禍のため、3月から7月に予定していた全公演が中止になっていたとあって、同コンサートが再開第1弾となった。

客席は、約1400席のうち450席だけを開放。入場者への検温・手指の消毒・換気など、感染防止対策を徹底。

稽古の最終段階で中止が決定した経緯もあり中川は、「このステージに立つことができて夢のよう。でも夢じゃない。現実です」と思いを口にしたというのだ。

もともと、高校在学中、地元・宮城のテレビ局でとり上げられて大手レコード会社プロデューサーの目にとまり、2001年8月に自身が作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー。話題のドラマの主題歌に起用されたが、02年に転機が訪れた。

日本初演となるミュージカル「モーツァルト!」の主演に抜擢され、初舞台で数々の賞を受賞するという前例のない快挙を成し遂げたのだ。

「大手芸能プロのバックアップで大々的に売り出されたが、自分の歌唱力で頭角を現した。以後は順調にミュージカル界のスターの座をかけあがって行った」(演劇担当記者)

07年には故蜷川幸雄さん演出の舞台「エレンディラ」にウリセス役で主演を務め、日本版として初舞台化されたロックオペラ「Tommy」に主演。

17年にはミュージカル「ジャージー・ボーイズ」のフランキー・ヴァリ役で、「第24回読売演劇大賞」の最優秀男優賞、「第42回菊田一夫演劇賞」を受賞した。

37歳にして、数々の輝かしい“足跡”を残している。


2020/07/13 19:38

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事


アクセスランキング