wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【わかりやすい】日本の時代から見る韓国時代劇(弥生時代~室町時代)

韓国の史劇ドラマを見るとき、日本が何時代の話なのか・・・気になりませんか?? 今日は日本の弥生時代から室町時代と同時期を題材にした韓国時代劇をご紹介!

日本の時代を知りながらドラマを見よう!

韓国の時代劇もラブコメから大河的な歴史ドラマまで様々。でも日本でいうと何時代のお話か?を知っているとイメージがしやすかったり、日本はこんな感じだったであろうに韓国ではこうだったのね!という発見も!今回は日本での弥生時代から室町時代を舞台にしたドラマを一緒に見て見ましょう!

【弥生時代】

https://mizuiku.suntory.jp/kids/study/images/k003M1.jpg

歴史の教科書でいう【弥生時代】はこんな感じ。人物でいうと卑弥呼が登場する時代
日本ではこの時代を描いたドラマはみあたりません。。。。
韓国の年代でいうところの高句麗とよばれる時代。
さて、この時代に韓国で繰り広げられる時代劇は・・・

『朱蒙』(チュモン)

https://netkigyo.weblogs.jp/jumong/20150419-jumong.jpg

2006年5月15日から2007年3月13日まで韓国MBCで放送された歴史ドラマ(全81話)
2000年前の朝鮮半島を舞台に、高句麗建国神話をモチーフにした伝説の人物「朱蒙」を主人公に描く壮大な歴史ファンタジー。
こちらもやはり史実というよりは神話をモチーフにしているんですね。とはいえ、日本では農耕生活が始まったであろうタイミング。
高床式生活をしていたであろうタイミングにすでに鎧やら着物やらがあった・・・のでしょうか。
うーんとっても興味深い。

https://www.seoultour.jp/wp-content/uploads/2013/09/naju01_03.jpg

『朱蒙』のセット。時代的にこんな要塞までつくっていたってことですね。。。
あらすじはコチラ

時は古代朝鮮…紀元前108年のこと。漢の侵略により古朝鮮国が滅亡します。
国を失った流民たちを率いて漢に抵抗する民族の英雄ヘモス(解慕漱)は戦いの中、河伯(ハベク)族の娘ユファ(柳花)に出会います。やがてふたりは恋に落ち、ユファはヘモスの子、「朱蒙」を身ごもりますが、それをを知る事もなくヘモスは戦死してしまいます。
時は流れ、成長した朱蒙(チュモンは)、死んだと聞かされていた実父ヘモスであるとも知らず偶然出会った盲目の男性から武芸を学び、強く生まれ変わっていくのでした…。

ドラマの中では、数々の出会いと別れ、そしてロマンスもたっぷり描かれ、壮大な愛のドラマでもあります。 男性だけでなく女性にも楽しめるドラマです。

出典元:https://netkigyo.weblogs.jp/jumong/2012/11/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E6%9C%B1%E8%92%99%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98%E3%81%A8%E4%B8%BB%E3%81%AA%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9.html

『風の国』

https://kntv.jp/prog/detail/wp-content/uploads/2010/11/kaze420main_program_r_420x0.jpg

2008年9月10日から2009年1月15日まで韓国KBS2で放送された、金辰の同名の漫画が原作。
高句麗第3代王大武神王を主人公とした時代劇ドラマ。
お話的には朱蒙の孫が主人公。「あれー朱蒙ににてるじゃん」そう主演はソン・イルグク
同じ人w
あらすじはコチラ。

建国数十年を経た高句麗は、朱蒙(チュモン)の死後、息子ユリ王の時代に団結力を失い、他国の侵略を受け王朝滅亡の危機を迎えた。そんな時代に誕生したのが、ムヒュル=大武神王(高句麗三代目王)だった。ところが「この子は将来、父母兄、わが子を殺し、高句麗を滅ぼす不吉な子である」と神女に予言され、国の元凶である赤ん坊を殺すように促される。わが子を自分の手で殺すことができなかったユリ王は、見せ掛けの儀式を行って、平民として暮らさせるよう長男ヘミョンに託す。不遇の息子は、熱い血と動く心臓がないという意味のムヒュルと名付けられた。壁画師に預けられたムヒュルは、自分が王子の身分だという事を知らずに育てられるのだった。
高句麗建国の過程で次々と仲間を増やしていった朱蒙とは対照的に、国を守る為に自分の大切なものの犠牲を強いられ、不屈の意思を持ち続けねばならなかった「孤高の王」の物語。戦争の神として有名なムヒュルだったが、その裏には宿命、愛、葛藤の物語があった・・・。

出典元:https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hanliu/archives/kaze/

https://img.hikaritv.net/thumbnail/VOD480/a008147.jpg

こちらはドラマの中のお衣装。質素な色味が多め

【飛鳥時代】

https://exam.fukuumedia.com/wp-content/uploads/2019/10/asuka2.jpg

飛鳥時代。そうですおなじみの聖徳太子の活躍した時代と学びました。
この時代を舞台にした日本のドラマも大河ドラマもありません。
そんな時代 高句麗、百済、新羅時代を舞台にしたのがコチラ

『太王四神記』

https://kankokudoramaarasuji.com/wp-content/uploads/2017/10/c5f6d39a7181bdbdef8898a352d605a4.jpg

2007年9月11日から12月5日まで韓国MBCで放送されたドラマシリーズ。
ヨン様主演ということで当時大きく話題になりました。

宿命の星の下に生まれたタムドク(ペ・ヨンジュン)が幾多の苦難を乗り越えて、後に高句麗中興の祖といわれる第19代国王の広開土王となっていく姿を描くファンタジー時代劇である。映画並みの巨額の予算をかけ、コンピュータグラフィックスを多用するなど韓国ドラマとしては異例の作品で、同じMBCの時代劇で高句麗建国の祖を描いた『朱蒙 - チュモン -』に比べはるかにファンタジー色が強く、「歴史ファンタジードラマ」等と称されている[1]。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%8E%8B%E5%9B%9B%E7%A5%9E%E8%A8%98

時代劇というか歴史ファンタジーということで。衣装もちょっとコスプレ要素強め

https://img01.shiga-saku.net/usr/anjela/6982b47897b34bd9b75f561622765fd4.jpg

『善徳女王』

http://annyon.jp/wp-content/uploads/2018/07/01_juyon79-768x599.jpg

2009年5月25日から12月22日までMBCで放送されたドラマ。
なんと、視聴率40%という驚異の視聴率を記録したそうです!
朝鮮半島初の女帝となった、新羅第27代の王・善徳女王が歩む波乱万丈の生涯を描くサクセスストーリー。
韓国ドラマ初、神秘の国・新羅を再現したという部分も当時話題になりました。

朝鮮半島初の女帝―――
誕生と波乱に満ちた半生を描くサクセスストーリー!!

美貌と色仕掛けで歴代王を操る妖女ミシルは、チンピョン王の正妃マヤ夫人を拉致して亡き者にしようとするが失敗に終わる。一命を取り留めたマヤ夫人は双子の姉妹を出産するが「双子を産むと王族の男子が絶える」との言い伝えにより、双子の妹のトンマンは侍女のソファに託される。ソファに娘として育てられたトンマンは好奇心旺盛でたくましい少女に成長する。一方、美しく聡明に育った双子の姉チョンミョンはミシルが権力を増大する中で慎ましい行動に徹していたが、秘かに反撃の機会を狙っていた。その後、二人の王女は運命に導かれるように出会う。妹と知らぬままトンマンに未知の可能性を感じたチョンミョンは花郎になるよう命じ、信頼する花郎のリーダー、キム・ユシンに託す。やがて自分が王女だと知ったトンマンは、さまざまな苦難を乗り越えて新羅初の女王の座に就くと、ユシンとともに三国統一の夢の実現に乗り出す。朝鮮半島初の女帝―――
誕生と波乱に満ちた半生を描くサクセスストーリー!!

美貌と色仕掛けで歴代王を操る妖女ミシルは、チンピョン王の正妃マヤ夫人を拉致して亡き者にしようとするが失敗に終わる。一命を取り留めたマヤ夫人は双子の姉妹を出産するが「双子を産むと王族の男子が絶える」との言い伝えにより、双子の妹のトンマンは侍女のソファに託される。ソファに娘として育てられたトンマンは好奇心旺盛でたくましい少女に成長する。一方、美しく聡明に育った双子の姉チョンミョンはミシルが権力を増大する中で慎ましい行動に徹していたが、秘かに反撃の機会を狙っていた。その後、二人の王女は運命に導かれるように出会う。妹と知らぬままトンマンに未知の可能性を感じたチョンミョンは花郎になるよう命じ、信頼する花郎のリーダー、キム・ユシンに託す。やがて自分が王女だと知ったトンマンは、さまざまな苦難を乗り越えて新羅初の女王の座に就くと、ユシンとともに三国統一の夢の実現に乗り出す。

出典元:https://tv-aichi.co.jp/kandora/sondoku/00.html#story

https://costume.iz2.or.jp/files/posts/3_list.jpg

これが飛鳥時代の女性の衣装。弥生時代から比べたら色と言いスタイルといいかなり進化しましたね

『階伯』

https://korean-arasuji.tokyo/wp-content/uploads/2017/09/0502586dc04d74526c674e09bfc9e49e.jpg

2011年7月25日から11月22日まで放送された韓国MBCで放送。
そうなんですね。こちら『階伯』も日本では飛鳥時代のお話。
「三国史記」や「日本書紀」の記述をベースにしているんですって!

滅びゆく百済に実在した階伯(ケベク)将軍の生涯を通じ国の発展と衰退の模様を壮大なスケールで描く。階伯(ケベク)はウィジャ王子の右腕となり、謀略するサテク妃の力に立ち向かう。沢山の人々と出会い成長し百済のため尽力を尽くす。百済は滅んでいくものの最後まで国に忠義を払ったケベクの波乱に満ちた英雄の物語。

【階伯(ケベク)-概要】全36話

出典元:https://korean-arasuji.tokyo/%E9%9A%8E%E4%BC%AF%E3%82%B1%E3%83%99%E3%82%AF-%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98-%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AC-%E5%85%A8%E8%A9%B1%E4%B8%80%E8%A6%A7/

https://i0.wp.com/historivia.com/wp-content/uploads/2015/08/011-a.png?fit=400%2C320&ssl=1

飛鳥時代の男性の衣装。そして当時の甲冑。。。韓国は大陸文化といえど甲冑がドラマティックwwドラマの衣装はかなりファンタスティック盛りをされているのかもしれませんねw。

【奈良時代】

http://www.nanamiya-aidma.jp/design/enlarge/illust/education/suzakumon-l.jpg

この時代になってくるといよいよドラマっぽくなってきました。
奈良の大仏が建立されたのも平城京が栄えたのもこの時代です。
韓国では時同じタイミングの統一新羅という時代を描いたのがコチラ

『大祚榮』(テジョヨン)

2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国のKBSテレビで放送
15か月も続くドラマって!と思ったら全134話('Д')超豪華なエピソード数です

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51JqY4q82cL.jpg

戦が起こっていた高句麗時代の終わりに、兵の最高指揮官の一番目の息子として誕生したテ・ジョヨン!
そんなテ・ジョヨンは、誕生してすぐ...。
追われる身となったのです。
そして、将軍の息子のテ・ジョヨンは、自分の存在がわからないように、奴隷のケドン!として養育されていたのだった。

そんなテ・ジョヨンは、実在の英雄!と言われていました。
そして、大祚榮(テジョヨン)の渤海の建国まで、変化が非常に激しい運命を描いた時代劇のドラマです。

出典元:http://www.xn--l8j1bc5qvlge4c5402b0ha777l2f3crvyd.com/article/455035187.html

『海王』

https://livedoor.blogimg.jp/creampan2005/imgs/8/5/85ed3b8a7f009faef760-L.jpg

2004年KBSで放送されたドラマ。チェ・インホの同名小説が原作。150億ウォンの製作費を投じて製作されたドラマ。国際エミー賞にもノミネートされたんですって!そして主演は時代劇の男。ソン・イルグク。壮大なロケーション、華麗な衣装が話題で、平均視聴率30%を記録。

統一新羅時代(676年~935年)に実在したチャン・ボゴの英雄伝で、身分の低い船倉(ソンチャン)として働いていた彼が、"海神"と呼ばれるまでの激動の人生が描かれています。
約1000年前に韓国史上唯一海上を支配し、偉大な海上帝国を夢見ていた"海神"チャン・ボゴは、唐・日本・アラビアにまで至る海上路を開拓し、東北アジア交易の中心地として青海鎮(チョンへジン)を作りました。
しかし『三国史記』の編纂者は、謀反を企てた反逆者として彼を描いており、『三国遺事』では彼を「とても身分の低い海島人で反乱をたくらみ、王の命を受けた勇敢な大将ヨムジャンによって殺された」と記録しています。
このドラマは、これまで反逆者として描かれてきたチャン・ボゴを中心に描いた物語で『海神』は歴史上の実在人物であるチャン・ボゴやヨムジャン、チョンニョン、そして架空の人物であるチャミ夫人やチョンファ等を登場させ、チャン・ボゴが海上王(海神)として成長していく過程が描かれています。

出典元:https://archives.bs-asahi.co.jp/hesin/

甲冑ファンとしてはどうしても当時の甲冑を比べてしまうんです。
で、調べてみたところ日本の奈良時代、兵士の衣装がこれ。ドーン!('Д')
甲冑にしてはスキだらけですね。まだ。。。でも武器は結構進化してます。矢!

https://costume.iz2.or.jp/files/posts/554_6.jpg

そして当時の人たちが着ていたであろう衣装がコチラ。うん。なんだか近いですね

https://mapio.net/images-p/43703716.jpg

【平安時代】

https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2018/04/heianjidai-1-660x350.jpg

平安時代ともなると大河でも取り上げられる人物が増えてきますね。衣装も十二単などかなり日本独自になっていきます。
韓国でいうところの高麗時代。さて、どんなドラマがあるでしょうか

『太祖王建』(テジョワンゴン)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516abGCGueL._AC_SY445_.jpg

2000年に韓国KBSで放送された時代劇。なんと全200話!視聴者するには根競べ状態なのでは?とちょっと恐れてしまう話数
ですが、時代的にも一番面白いタイミング。DVDも区切りごとに3巻に分かれています

新羅が三国(高句麗、百済、新羅)を統一して230年の時が流れた。新羅国内は、王位争奪戦が繰り返され、豪族や民衆が反乱を起こし、国力は衰退していった。そんな中、故高句麗であった地では僧侶のクンイェが、故百済の地では軍人のキョンフォンが勢力を強めていた。主人公のワンゴンはクンイェに認められ、持ち前の知性と人徳で、数々の功績を挙げていく。しかし、絶大な権力を握ったクンイェは暴政を振るうようになる。それを見かねたワンゴンは、クンイェと決別し、新国家建国を決意する。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%A5%96%E7%8E%8B%E5%BB%BA

『輝くか狂うか』

https://kdrama.n4vrec.com/wp-content/uploads/shine_or_go_crazy.jpg

2015年韓国MBSで放送されたロマンス時代劇。このドラマの舞台も高麗。
それにしてもすごいタイトルですね。Dead or Alive的な。しかしきらめきロマンス時代劇というから
興味を惹かれてなりません。

賢人か、それとも狂乱の暴君か?のちに高麗皇帝・光宗となる男、ワン・ソの物語。

不吉な予言をもつ凶星の下に生まれ、宮外に追いやられた皇子ワン・ソ(チャン・ヒョク『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~』『チュノ~推奴~』)。皇命をうけ皇宮に帰るが、父君・太祖が何者かに暗殺されてしまう。

事件の真相をあばくため、ワン・ソは実力者ファンボ家の娘ヨウォン(イ・ハニ『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン』『モダン・ファーマー』)と婚姻を結んだものの、ヨウォンには弟ワン・ウク(イム・ジュファン)を皇位につけるというひそかな野望が…

陰謀の黒幕を追って青海商団に潜入したワン・ソとの再会をよろこぶ渤海の王女シンユル(オ・ヨンソ『私はチャン・ボリ!』『帰ってきてダーリン!』)。ワン・ソはそれがシンユルだと気づかぬまま想いを募らせ、着々と次王の座にコマを進めゆくワン・ウクも、シンユルに心を寄せるのだった…

出典元:https://kdrama.n4vrec.com/shine_or_go_crazy/

『麗~花萌ゆる8人の皇子たち』

http://www.asiadramatictv.com/lineup/SO0000009860/m.jpg

2016年韓国SBBSで放送の時代劇ラブコメディ。
IUたん!可愛い!今知ったのですが、このドラマ、中国の女性ベストセラー作家・桐華原作の小説「步步驚心」のテレビドラマ化したものなんですね!

ある日、化粧品販売員のコ・ハジン(IU)は、湖に落ちた子供を助けようとして溺れてしまう。目を覚ますと、なんとそこは高麗時代だった! ハジンの魂は少女ヘ・ス(IU)の体で目覚め、高麗の初代皇帝ワン・ゴン(チョ・ミンギ)の宮廷で生活を送ることに。そこで彼女が出会ったのは、世にも美しい8人の皇子たちだった。優しい第8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル)と惹かれ合う一方、冷徹な第4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ)に幾度となく危機を救われるヘ・ス。ワン・ソの素顔に触れ、次第に距離を縮め始めた矢先、彼こそが後の第4代皇帝光宗だと知る。果たして、ヘ・スの恋は歴史を変えてしまうのか!?

演出

出典元:http://www.asiadramatictv.com/lineup/SO0000009860/

いいですねー タイムスリップしたうえに出会った皇子たちがイケメン。もう元の時代に帰れない的な?
日本の時代劇にはなかなかない設定。と思ったら、ぼちぼち日本のドラマや映画、マンガなどにもありますね。
ただ、タイムスリップした先がなぜか安土桃山で織田信長が主みたいな。
この後の時代が多い。。ぜひとも飛鳥時代にタイムスリップの設定ドラマを見て見たいものですw

https://costume.iz2.or.jp/files/posts/554_2.jpg

甲冑トークをはさんでおきますと、平安時代あたりから日本特有の鎧スタイルが確立され始めます。
韓国時代劇に登場する甲冑を見ると、装飾性もそれぞれ独自。ああ(´▽`*)甲冑。今後さらに深堀してみようと思います。

いかがでしたか?日本の時代の流れと照らし合わせるといろんな発見ポイント見えてきますよね。
次回は日本の大河でも盛り上がる鎌倉時代以降を韓国時代劇とともにチェックしてお届けしたいと思います!
お楽しみに!


2020/07/31 23:43

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事

最新記事


アクセスランキング