wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ソン・ジュンギ&キム・テリ&チン・ソンギュ出演映画「勝利号」、9月23日に韓国公開確定(動画あり)


映画「勝利号」(監督チョ・ソンヒ、配給メリークリスマス)が、9月23日に韓国での公開日を確定してティーザー予告編を初公開しました。

「勝利号」は2092年、宇宙のゴミ清掃船勝利号の船員が、大量殺傷武器と知らされた人間型ロボット“ドロシー”を発見した後、危険な取り引きに飛び込む話を描く映画です。 ハリウッドの専有物だと思われた宇宙を背景に、チョ・ソンヒ監督の想像力と韓国映画界の技術力が作り出した宇宙SF映画「勝利号」が、観客の期待感をめいっぱい高めるティーザー予告編を公開しました。

まず、宇宙を縫う威風堂々とした“勝利号”の姿が視線をひきつけるティーザー予告編は、「よけろ、無能なものがあれは私のものだ」と、力がある声で登場するチャン船長(キム・テリ)の強烈なビジュアルで視線を集中させる状況です。



2092年、荒れ果てた地球の上、お金になるゴミを探し歩く勝利号は、他の宇宙船の非難にも屈せず、自身の役割を探してスピーディーに宇宙を縫います。 ひたすらお金が目的である勝利号の船員だが、通帳は空っぽになって増えるのは宇宙船の修理費と借金だけです。 そんな彼らの前に大量殺傷武器、危険なロボット“ドロシー”が現れて、お金のにおいをかいだ操縦士テホ(ソン・ジュンギ)は爆弾をまた売ってお金を儲けてみようという遠大な計画をたてます。

操縦士テホと勝利号のリーダーチャン船長、そしてレゲエヘアと全身を覆ったタトゥーの圧倒的ビジュアルを誇るタイガー・パク(チン・ソンギュ)、個性あふれる声のロボット オプドンイ(ユ・ヘジン)までもです。 最悪の状態の5分前のチームワークを誇るが、ハツラツとした個性を誇るキャラクターのちょっと変わったケミストリーを味わうことができる「勝利号」のティーザー予告編は観客の好奇心を刺激します。

「私のオオカミ少年」と「探偵ホン・ギルドン~消えた村~」を通じて自分だけの想像力で作り出した新しい世界を見せてきたチョ・ソンヒ監督の宇宙SF映画「勝利号」。

ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ、ユ・ヘジンなど、演技派俳優がそのどこでも見たことないダイナミックな宇宙で見せる新鮮なアンサンブルと宇宙空間のスペクタクルを通じて、新しくておもしろい映画を期待させる「勝利号」は、韓国で9月23日公開予定です。








2020/08/02 14:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「ソン・ジュンギ」の関連情報

最新記事


アクセスランキング