wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「BTS(防弾少年団)」Vソロ曲「Sweet Night」、日本iTunesトップソングチャート1位で114カ国1位達成


「BTS(防弾少年団)」のメンバーVが、日本iTunesのトップソングチャートのトップにランクして世界114カ国で1位を記録しました。
1日午後、Vの自作曲「Sweet Night」は、TBSの人気ドラマ「MIU404」のOST(挿入歌)「感電」を抑えて、日本iTunesで1位を獲得した。
こうしてVは、韓国発売音源で日本iTunesのトップソングチャートのトップに立った最初のK-POPソロアーティストとなったそうです。



現地で日本語のアルバムを発売してプロモーションを行うのが慣例となっている日本で、韓国のソロ歌手の韓国発売の音源がiTunesのトップソングチャートで1位を占めたのは今回が初めてだそうです。
日本のTwitterランキングサイトである「ツイフル(Twifru)」の上半期「有名人ランキング」の決算で8位にランクして韓国アーティストとして最も高い順位を記録するほどに熱いVの人気が、トップをつかんだ大きな力として作用したとみられます。
最近、日本のポータルサイト「ビッグローブ(Biglobe)」は、「BTS Vの『Sweet Night』が、驚異的な人気でソロ曲として歴史に名を残している」と報道しながらVの成功にスポットライトを当てた。
「ビッグローブ」は、Vが、iTunes 113か国(29日基準)で1位にランクして全世界120か国制覇を目前に、最短期間、最高記録の最年少アーティストという大記録を立てたと伝えた。



また、K-POP進入の障壁が高いドイツとイギリスでも1位を占めたのを始め、イギリスではもうひとつのソロ曲「インナーチャイルド(Inner Child)」がトップソングチャートで2位を記録しました。こうしてVは、イギリスでは1位と2位を占めた2曲を保有する最初の韓国人アーティストとなったと報道しました。



7月8日に103カ国1位の記録を立ててスタートしたVの新記録はこうして、アメリカ、日本、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、オーストラリア、ブラジルなど、韓国と中国を除く世界10大音楽市場を全て制覇して114国1位までよどみない疾走を続けている状況です。
世界的権威を誇る「ワールド・ミュージック・アワード」は、「Vは、世界中のiTunesのメジャー市場を全て制覇した初のアジアソロアーティストになった」として、Vの114カ国1位を祝いました。

2020/08/02 21:49

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


最新記事


アクセスランキング