wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
『半沢直樹』国家を敵に半沢の新たな戦いが始まる

TBS系で毎週日曜よる9時から放送中の日曜劇場『半沢直樹』。9日の放送の第4話では、「子会社VS親会社」となった買収劇のクライマックスとともに、半沢の前に更に立ちはだかる“強大な敵”の存在が明らかになった。

第4話では、東京セントラル証券営業企画部部長・半沢直樹(堺雅人)が、IT企業・スパイラル社の買収をめぐり東京中央銀行との全面抗争で電脳雑伎集団の粉飾決算を暴き、黒幕である三笠副頭取(古田新太)と伊佐山部長(市川猿之助)に渾身の“倍返し”を叩きつけた。半沢はその功績が認められ営業第二部の次長として東京中央銀行本店に戻ったものの、すぐに中野渡頭取(北大路欣也)から直々に、帝国航空再建プロジェクトへの参加を言い渡される。帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくなく、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや破綻寸前にまで陥っていた。しかも、その裏では暗躍する政治家や政府の思惑などが複雑に絡み合う、「国家」という大きな陰謀がうごめいていた。

そして、5話以降に登場する新たなキャストの詳細が明らかになった。

(C)TBS

女性初の総理大臣として期待され、進政党の顔と呼び声の高い国土交通大臣・白井亜希子(しらい・あきこ)を演じるのは江口のりこ。“半沢潰し”の急先鋒として鋭く切り込んでいく。

江口演じる白井大臣が立ち上げた再生組織、帝国航空再生タスクフォースのリーダー・乃原正太(のはら・しょうた)役を務めるは筒井道隆。常に相手を小馬鹿にしたような高圧的な態度をとる。

帝国航空のメインバンクである開発投資銀行の企業金融部次長・谷川幸代(たにがわ・さちよ)を演じるのは西田尚美。“鉄の女”の異名を持ち、政府にも一目置かれている存在。半沢が作成した帝国航空再建案をめぐって激しく対立する。

帝国航空の経営陣に、社長の神谷巌夫(かみや・いわお)役に木場勝己、財務部長の山久登(やまひさ・のぼる)役に石黒賢など、実力派俳優陣が名を連ねる。国の支援に頼り切った経営で古い伝統から脱却できずにいた経営陣が、再建をかけどのような動きを見せるのか注目だ。

(C)TBS

また、半沢と帝国航空再建の案件をともにすすめる若手バンカー・田島春(たじま・しゅん)役に、若手俳優の入江甚儀、白井大臣の秘書・笠松茂樹(かさまつ・しげき)役には、芸人でありながら演技にも定評のある児嶋一哉。
(C)TBS

今回の再建プロジェクトに、東京中央銀行ニューヨーク支店から加わった紀本平八(きもと・へいはち)常務を演じるのは段田安則。冷静沈着だが底が知れない彼は、半沢の敵となるか味方となるか現時点ではまったく分からない。

そして、白井大臣を支援する進政党の大物議員・箕部啓治(みのべ・けいじ)を演じるのは、日本を代表するベテラン俳優のひとりである柄本明。得体の知れない恐怖を放つ大物政治家として半沢に容赦なく牙をむく。

さらなる強敵に立ち向かうことになった半沢。果たして半沢は “倍返し”を叩きつけることが出来るのか!

(C)TBS

【ストーリー概要】
IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。
帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。
もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

■番組概要
[番組名] 日曜劇場『半沢直樹』
[放送日時] 毎週日曜よる9:00~9:54
*提供画像 ©TBS


2020/08/10 10:36

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事


アクセスランキング