wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
韓国時代劇ドラマ『王になった男』は近年稀にみる名作!韓国視聴者の評価が凄い・・!

韓国時代劇ドラマ『王になった男』が日本でもCS放送のみならず地上波でも放送され今大注目を浴びています!このドラマ韓国視聴者の間では”近年稀にみる名作史劇”との声もあるほど人気を博したドラマ!今回はそんなドラマを見る目が非常に厳しいと言われる韓国視聴者の声と共に『王になった男』の魅力に迫ります!

韓国時代劇ドラマ「王になった男」ってどんなドラマ?

https://m.post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=17595911&memberNo=31068208&vType=VERTICAL

韓国時代劇ドラマ「王になった男」あらすじ

朝鮮王朝時代、道化師のハソン(ヨ・ジング)は妹と共に芸を披露しながら全国を旅していた。漢陽(ハニャン)を訪れたハソンたち一行は、王のイ・ホン(ヨ・ジング/2役)を揶揄する芸を見せる。その場に居合わせた王の側近イ・ギュ(キム・サンギョン)はハソンの芸をやめさせようとするが、仮面をとったハソンの姿を見て息を呑む。ハソンは王に瓜二つの顔立ちをしていたのだ。イ・ギュはハソンに王の影武者をさせるため、宮廷に連れてくる。宮中に渦巻く陰謀から、一度は宮廷を逃げ出すハソンだが、庶民がふみにじられる現実を知り、次第に本当の王になって世界を変えたいと願うようになる。一方、王妃のソウン(イ・セヨン)は冷酷な王から距離をおいていたが、ある日突然優しくなった王に戸惑いつつも、次第に惹かれていく。

出典元:https://kntv.jp/program/synopsis/kn190601/

イ・ビョンホン主演の大ヒット映画『王になった男』(2013年日本公開)をドラマリメイクした本作は、韓国放送時は同時間帯視聴率1位を獲得し、最終話で10.9%を更新した大ヒットドラマです。

映画版では数々のドラマで描かれてきた実在の王・光海君(クァンヘグン)が主人公でしたが、ドラマ版では光海君統治時代を背景にしつつも、イ・ホンを架空の人物という設定に変えて、歴史的な背景に縛られない自由な史劇として成立させています。

頻繁に起こる変乱や王位を取り巻く権力争いが繰り広げられる中、暗殺の危機に怯える王と顔が瓜二つの道化師が身代わりとなって宮中で生活するという、今までの史劇にあまり無かったユニークなストーリーで、ライター自身も夢中になって観た、本当に心からおすすめしたい作品です。

ドラマ『王になった男』が、ドラマを観る目が非常に厳しいと言われる韓国の視聴者も唸らせ、”近年稀にみる名作史劇の誕生”と言われたその理由を韓国視聴者の評価と共に迫ります!


韓国時代劇ドラマ「王になった男」が近年稀にみる名作と言われる理由

http://www.joynews24.com/view/1148367

映画レベルの圧巻の映像美とこだわり抜いた音楽

https://naver.com/acec808/221448335314

おそらく1話を観た段階でお分かりいただけるかと思うのですが、この『王になった男』、映像の美しさが別格です。
ライター自身、正直そこまで大きく期待して観たわけではなかったのですが、1話冒頭の段階であまりの映像の美しさと重厚感に目が離せなくなってしまう程。
宮中での照明の使い方や紅葉などの美しい風景など、細部までこだわり抜いた演出に本当に息を飲んでしまう作品なのです。数々の韓国ドラマを観てきましたが、正直ここまで映像だけで目を惹きつけられた作品は初めてです。それもそのはず本作は、二年以上かけた企画作品だそうで、細部にまで”製作陣の本気”を感じる史劇に仕上がっています。

目が肥えた韓国視聴者からも、この圧巻の映像美には絶賛の声が上がっていました。

クレイジーな演出!原作映画より優れた音楽と演出力。国内各地の美しい風景を鑑賞できるような毎回美しいシーンをカメラに収めて芸術的に表現している。

出典元:http://blog.naver.com/skylife_blog/221525223519

このドラマの映像美は一体何?制作はスタジオドラゴンだね。誰が担当したのだろう?映像チームを賞賛したい。

出典元:https://blog.naver.com/with1019/221474830934

なんといっても圧巻なのは、演出。演出が大当たりである。ドラマで演出を意識して見るのは初めて。
カメラ構図と背景、音楽や小物に至るまでこだわり抜いている。最高だ。


出典元:https://blog.naver.com/beffort/221487969150

過度に近代化した最近の時代劇には興味がなかったが、久しぶりに時代劇を観ながら楽しい時間を過ごした。
外国クラシックを時代劇に挿入して、ジャンルを崩した新鮮さが調和がとれていて良かった。
世界に出してもいいと思うくらい良くできたドラマであった。

出典元:http://blog.daum.net/clearever/16137409

http://www.entermedia.co.kr/news/articleView.html?idxno=9176

自然の風景を存分に活かした映像美は、映画にも引けを取らないと視聴者から大絶賛!
また映像美に加え音楽も、シューベルトのセレナーデなどクラシックのメロディーが各所で使用され、登場人物達の心情表現と作品の格調高さを強調させ、独特の世界観を醸し出しています。




”時代劇の申し子”ヨ・ジングの圧倒的な演技力

https://entertain.naver.com/read?oid=404&aid=0000231816

子役出身のヨ・ジングは、2005年の映画「サッドムービー」でデビューし、テレビとスクリーンを行き来しながら成長してきた演技派俳優。
特にドラマ「太陽を抱いた月」では、同年代のアイドルとは一線を画す迫真の演技を披露し、「2012 MBC演技大賞 男子子役演技賞」など数々の賞を受賞しています。深みのある演技力と魅力的な中低音ボイスで”時代劇の申し子”と呼ばれ、大衆の信頼を一身に受けています。
さらに時代劇だけでなく、恋愛、ファンタジー、アクション、コメディなどのジャンルを問わず演技の幅を示し、「ホテルデルーナ」など続々大ヒットを飛ばしている若手実力派俳優です。
そんなヨ・ジングの圧倒的演技力が光りに光った本作。韓国の視聴者のヨ・ジングの演技への評価は絶賛の嵐!

映画が大ヒットしただけに心配されたが、史劇の相性俳優ヨ・ジング俳優の熱演で吹き飛ばしてしまったようです。信じ見る俳優という修飾語にふさわしく高い視聴率を叩き出した!

出典元:https://m.post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=17595911&memberNo=31068208&vType=VERTICAL

「王になった男」ヨ・ジングの演技力を見るだけでも一見の価値がある。

出典元:https://blog.naver.com/mindonna/221436623763

ヨ・ジング演技力も圧巻だが、作品を選ぶ目も優れている。ヨ・ジングの人生作品だ。

出典元:https://blog.naver.com/dude_ha/221436724644

魅力的な完成度を見せたは、2019年誕生した名作ドラマである。ヨ・ジングの圧倒的演技力で魅せる、速い展開で作成された名品ドラマ。

出典元:https://dramastory2.tistory.com/5901

https://naver.com/jk00sky/221436313641

韓国の視聴者の評価にもあるように本作は、ヨ・ジングの演技を見るだけでも一見の価値あり!という程の圧倒的演技力を見せています。
正義感と人間味にあふれる道化師ハソンと、心の病から狂気にいたるイ・ホンという、まったく異なる二役を本当に別人かと思うほど所作や表情に至るまで一人で完璧に演じ分けています。正直な話、若手でこれほどの高い演技力を誇る俳優はいないのでは?と思わされる、迫真の演技力です。

『王になった男』は、圧倒的映像美もさることながら、ヨ・ジングの天才的な演技力を証明する作品と言っても過言ではないのです。



ロマンスだけじゃない!政治権力争いもじっくりと描く本格派史劇

https://entertain.naver.com/read?oid=421&aid=0003801050

近年ロマンス中心の時代劇が人気を博していますが、本作は16話構成と時代劇としては短いながらハソンと王妃ソヨンの初々しい愛はもちろん、王の座をめぐる権力争いなど政治模様も省かれる事なくしっかり描かれ非常にバランスのとれた作品となっています。

これには”正統派時代劇派”からも絶賛の声が上がっていました。

1回から4回までどんどん見れば見るほど、ハマっていく正統史劇ドラマで没入度が半端ではない

出典元:https://blog.naver.com/s475do31/221445501374

リメイク作なのでストーリーを視聴者が既に知っていた。当然新鮮ではなく大成功を期待するのが難しかった。巨大な好評を受けた原作と作品性の競争をしなければならないという点も制作陣には負担だった。しかし、この作品は、驚くべき設定で原作から抜け出すことに成功した。
”異なる結末が繰り広げられるかもしれない”という期待に最後まで没入するようになった。これでリメイク作にもかかわらず、まるで全く新しい作品のように視聴者に近づいてきたのだ。

出典元:https://ooljiana.tistory.com/1992

政治事情とメロがバランスを合わせてドラマが展開されている。二つが別々に存在するのはなく、お互い自然に溶け込んで共存している。リメイクしたドラマの成功例として残るだろう

出典元:https://blog.naver.com/dynamic1016/221928677339

リメイク作でありながら、反転に次ぐ反転、全く先の読めない緊張感溢れる展開が続く”リメイクの成功例”との声も。
ロマンスだけでなく、ハソンを本物の王の替え玉にすると決め導いていった都承旨や、側近チョ内官との絆も大きな見所!重厚感ある正統派な作品ですが、クスッと笑えるような微笑ましいシーンやホロっとくるシーン、キュンとするシーンまで本当に痛快さと余韻をももたらす名作史劇なのです!

”ロマンス史劇派”も、”本格正統史劇派”も時代劇苦手さんにもぜひおすすめしたい時代劇「王になった男」は、現在動画配信サービス「U-NEXT」で独占配信中です!是非一度チェックしてみてくださいね!

<放送/配信情報>

韓流プレミア 王になった男:テレビ東京 

10/13(火曜)放送開始 毎週月曜〜金曜 朝8:15〜

王になった男<ノーカット字幕版>|女性チャンネル / LaLa TV

10/20(火曜) 放送開始 毎週月曜〜金曜 25:00〜

『王になった男』(全24話)

【U-NEXT配信開始日】
・第1話~第8話:2020年11月5日(木)12:00 予定
・第9話~第16話:2020年12月2日(水)
・第17話~第24話:2021年1月2日(土)

出典元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000397.000031998.html

併せてチェック!


2020/10/14 19:28

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング