wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
BTS(防弾少年団)に対する人種差別発言をしたドイツのラジオパーソナリティーに非難殺到


ドイツの有名なラジオのパーソナリティーが「BTS(防弾少年団)」に対する人種差別発言をして非難を受けました。

25日午後(現地時間)、ドイツのマティアス・マトゥシクはラジオ番組「bayern3」でBTSの「MTV Unplugged」公演について言及した。マトゥシクは「この小さい×××(スラング)たちはコールドプレイの『Fix You』をカバーした」と批判しました。

続けて「私は韓国産の自動車も所有している」とし、「このボーイバンドが韓国から来たといって私を人種差別論者だと非難してはならない」と付け加えました。「BTS」に対する自分の発言が人種差別ではなく、音楽的才能に対するものだという点を強調しました。

特にマトゥシクは「『BTS』は新型コロナウイルスの略」と詭弁を続けました。


これに世界中のARMY(BTSのファン)は激怒しました。世界中のネットユーザーらは各種SNSを通じて「私たちは人種差別に反対する」という書き込みを掲載してマトゥシクに対し謝罪を要求した。ファンは「#RassismusBeiBayern3」「Bayern3Racist」というハッシュタグと共に、人種差別に反対するという意味の「Wir sind gegen Rassismus」を言及し、釈明と謝罪を求めました。

これに対し、ラジオ番組「bayern3」はホームページを通じて謝罪文を発表し「これはマトゥシクの個人的な意見」とし、「パーソナリティーが自分の意見を明らかにしてリアルさを出すのが番組の核心だ」と釈明しました。続いて「『BTS』を傷つけようとした発言ではない」と付け加えました。

2021/02/28 09:00

この記事が気に入ったら






最新記事
アクセスランキング