wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
やはり「SHINee」は「SHINee」だ!!


誰かの始まり、そして成長を見守ることはさまざまな面で意味深いことです。 彼らがポジティブだということすら感じれば、この上ない幸福を感じたりもします。 きらきら輝いた始まり、それよりさらに輝く成長を成し遂げている「SHINee」を見守ることがそうです。

「SHINee」は本来、一人のキープレーヤーが導くグループではありません。 チームプレーに強いチームです。 言い換えるならば、メンバー一人一人の優れた実力を一つに調和するように表わすことに卓越したグループといえます。 ソロである時はソロだけの音楽を、グループである時はグループだけの音楽を、別にまた一緒に見せることができるのも、「SHINee」だけの特長ともいえます。

それで、ジョンヒョンさんが逝ってしまったあと、「SHINee」の活動方向に対して大衆の憂慮が続きました。 どんなグループより誰一人が欠けてはいけないグループだったからです。 これは「SHINee」が4人で初めて韓国でリリースしたアルバムである6thフルアルバム「The Story of Light」にあらわれました。 それは、ジョンヒョンさんの不在でそのバランスが崩れてしまったように思われたからです。

オンユ、Key(キー)、ミンホの軍空白期後、「SHINee」は今月22日に7thフルアルバム「Don't Call Me」で、約3年ぶりにカムバックしました。 合計9曲が収録された今回の7thフルアルバムは、ジョンヒョンさんの空席によって傾いたバランスをどのように再び合わせるのかに対する問題に「SHINee」が出した答だと思います。

「SHINee」は当然、さまざまな理由でできたメンバーの空白を消すために新しい変化を試みて全く新しいカラーを見せようとした他のチームとは違った選択をしました。 既存のチームカラーを維持して深さを加えました。 ジョンヒョンさんの空席はそのままに、その空席がむなしく見えないように4人のカラーをより一層濃厚で鮮明に塗ったのです。

キャッチーなフックが印象的なタイトル曲「Don't Call Me」は、“受験生禁止曲”と言われる「Ring Ding Dong」と同系統で、「お姉さんはとても綺麗(Replay)」と「Love Sick」から続いた愛の叙事を「Marry You」に繋ぎました。 「SHINee」がデビューの時から前に出した代表的なコンセプトである“清涼さ”は、「CØDE」、「I Really Want You」、「Kiss Kiss」、「Attention」で表現しました。 「空欄(Kind)」は、「Aside」、「再演(An Encore)」のように「SHINee」のカラーが際立ったバラードです。 「Body Rhythm」、「Heart Attack」は、「SHINee」だけのユニークな感性を表わした曲です。

このように「SHINee」は今回のアルバムで新しい“調和”の合意点を見出して、今後の方向性を提示しました。 これが可能だったのは、「SHINee」のメンバーの成長があったためです。 特にボーカルの部分での成長は注目するに値します。 全員がメインボーカルポジションといっても過言ではないほどです。 パフォーマンスも同じです。

今までの叙述は、ジョンヒョンさんがいなくてもかまわないという意味ではありません。 その空席を空欄として残しても、「SHINee」は相変らず「SHINee」であり、今後も「SHINee」であると言う信頼です。












2021/02/28 10:19

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「SHINee」の関連情報



最新記事
アクセスランキング