wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
K-POPアイドルは7年で終わり?…今は7年のジンクスを乗り越えた“長寿アイドル”が人気


過去、K-POPアイドルグループは、7年の壁を越えることができないことが多く、“7年のジンクス”などと言われていました。 収益問題で再契約に失敗することが少なくなかし、ファンたちも新人グループに移動する場合が多かったためです。 デビューして10年以内に解散の道を歩いたK-POPアイドルグループがたくさんありました。

最近、“7年のジンクス”がこわれています。 デビュー10年目にも着実に活動して人気を誇る“長寿アイドル”が多くなっています。 「東方神起」、「SUPER JUNIOR」、「BIGBANG」、「SHINee」、「2PM」、「HIGHLIGHT」が代表的です。

K-POPのグローバル人気でファンクラブの規模が大幅に拡張されてできた現象だと分析されます。 チョン・ビョンウク大衆音楽評論家は「北米・ヨーロッパ・アジア全域でK-POPブームが起きて、活動期間がより一層長くなった」と、しました。

「SHINee」は2月22日、7thフルアルバム「Don’t Call Me」で帰ってきました。 2008年にデビューして今年で14年目をむかえた現在まで、相変わらずコンテンポラリーバンドのセンスを誇っています。 リーダーのオンユは「空白期もあったし、久しぶりに活動を準備しながら、どんな姿をお見せするか非常に悩んだ。 一生懸命にやったので多くの期待をしてほしい」と、所感を語りました。

2018年9月にリリースされた6thフルアルバム以後、2年5ヶ月ぶりに出したアルバムなのにもかかわらず、全世界45地域でiTunesのトップアルバムチャート1位になりました。 「SHINee」に熱狂する海外のファンが相変らず多いという証です。 同じSMエンタ所属のアーティストである「東方神起」(2003年デビュー)と、「SUPER JUNIOR」(2005年デビュー)も、それぞれ日本や中南米で国賓待遇を受けています。

幅広くなった活動底辺も“長寿アイドル”誕生の背景の中の一つです。 音楽を越えて、演技、バラエティ、ミュージカルなどに進出してファンクラブが維持されるためです。 2008年デビューして“野獣アイドル”と言われた「2PM」も、音楽活動と一緒に多様な領域で活躍するボーイズグルプです。

「2PM」のジュノは、ドラマ「ソ理事とキム課長~Bravo! Your Life~」、「自白」で完璧な演技を見せて、代表的な俳優に成長しました。 テギョンもまた、ドラマ「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)や、現在韓国で放送中の人気ドラマ「ヴィンチェンツォ」でも良い評価を受けています。
ニックンは、中国とハリウッドで映画俳優として活躍して、ウヨンとチャンソンもバラエティで活発に活動しています。 Jun.Kは、ミュージカル俳優としても良く知られています。

今年、ジュノが除隊すれば、メンバー全員が軍服務を終え、完全体としての音楽活動が期待されています。 「2PM」は最近「メンバーとみんな一緒に良いコンテンツで訪ねる。 『2PM』でぎゅっと満たした2021年を期待してほしい」と、“完全体カムバック”を予告しました。

完全体ではないが、ソロ活動で良い姿を見せている長寿アイドルも多い。 「Wonder Girls」出身のソンミは、最近デジタルシングル「TAIL」をリリースしました。 2007年に「Wonder Girls」でデビューしたソンミは、デビュー15年目を迎え、音楽、バラエティなど多方面で活躍して、しっかりしたファンクラブを構築したスターです。 チョン・ビョンウク大衆音楽評論家は「ファンとコミュニケーションする領域が広くなって、長期間活動する“長寿アイドル”もさらに多くなる傾向」と、話しました。





2021/03/01 23:15

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「SHINee」の関連情報



最新記事
アクセスランキング