wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
チャ・ハギョン(VIXXエン)、除隊後初の復帰作「ザ・フェア」でサイコパスの殺人犯を演じる…“演技すると簡単なシーンはひとつもなかった”


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

俳優チャ・ハギョンが、tvNドラマステージ2021の「ザ・フェア」での熱演で視聴者に強烈な印象を残しました。
7日に放送された「ザ・フェア」でチャ・ハギョンは、「コ・ドヨン」という役割で極限に駆け上がる状況の中で変化する人物の感情を柔軟に描き出して見る人をドラマに引き込みました。



tvN「ザ・フェア」は、新しい刑罰制度である仮想犯罪プログラム(VCP)を通じて、7回の殺人をインターネットで生中継した犯人を断罪する主人公の正義の実現劇で、チャ・ハギョンはインターネット放送事業者「ドヨン」役を演じて好演を受けました。


劇中「コ・ドヨン」は7人の被害者を殺害し、すべてのプロセスを自身が運営する「LANケーブル推理」というインターネット放送を通じて生中継した連続殺人犯でした。被害者が経験した恐怖と苦痛を加害者も同じように経験にする仮想犯罪プログラム(VCP)が大韓民国の矯正法として公式に採用され、7人を残酷に殺したコ・ドヨンがVCPプログラムの最初の執行対象者に選ばれる過程でチャ・ハギョンは、「コ・ドヨン」というキャラクターの両面性を繊細に描き出してドラマの真実味を一層高めました。




コ・ドヨンは、自身の面会とVCP判決を拒否して控訴するよう促すチュ・チョル(チェ・ビョンモ)に、「それを見たところで私が実際に死ぬわけでもないのに、なぜここまで来て脅迫するのか?私がおとなしく動くと思うのか?」とチュ・チョルをあざ笑う余裕ある態度を見せました。しかし、度重なるVCP執行により、自身が殺した被害者の苦痛を実際に感じながら180度変わった態度を見せるようになりました。

この過程でチャ・ハギョンは、「コ・ドヨン」自体として熱演した。一抹の罪悪感も感じないサイコパスという悪人の顔から、VCP執行が続くにつれて「私、これしないわけにはいきませんか?間違っていた。助けて下さい」と懇願しながら衝撃と混乱の様子まで次々と変化する「コ・ドヨン」の感情を体当たりの熱演で描き出してドラマのリアルさを一層高めました。特に片方の目に傷を負った「コ・ドヨン」というキャラクターをよりリアルに表現しようと撮影中は特殊レンズをしたままアクションシーンや強烈なVCPの感情シーンまで演じ切るなど、雰囲気だけでもシーンを圧倒して視聴者の目をくぎ付けにしました。



除隊後初の復帰作に「ザ・フェア」を選んだチャ・ハギョンは、「劇中ドヨンを演じながら簡単なシーンはひとつもなかったといえるほど『ザ・フェア』は、新たな挑戦だった。ドヨンを理解してみようとたくさん悩みもしたが、結局はある動機や理解なく、ドヨンが置かれた状況や感情だけをそのま感じて演技しようとした作品だった。特に劇中のドヨンが、VCPの執行を受ける過程は細かい部分ひとつ逃したくないと思い、現場で監督と十分相談しながら極限の恐怖感を感じるドヨンというキャラクターが変わっていく姿をリアルに描き出そうとたくさん努力した。視聴される方にもうまく伝えられたらうれしい。除隊後初めてあいさつ申し上げる作品であるのでとても緊張もしたが、また一方ではドキドキする思いで毎瞬間撮影に臨みました。『ザ・フェア』というドラマが与える重たい余韻を視聴者のみなさんも末永く大切にしてくださったらいいと思う。これからも俳優としてさらに良い姿をお見せできるよう努力する」と感謝の言葉を伝えました。
チャ・ハギョンは、5月に初放送されるtvNの新土日ドラマ「マイン(Mine)」への出演を決めました。









2021/04/09 23:44

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。




最新記事
アクセスランキング