wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「CNBLUE」イ・ジョンシン、犬のことをまず先に考える犬好き…「犬は素晴らしい」


「ペットバラエティ~犬は素晴らしい」で、住宅街の迷惑トリオ ビションフリーゼ3匹のエピソードが公開されます。

韓国で7日夜10時40分から、KBS2の「ペットバラエティ~犬は素晴らしい」が放送される予定です。

この日、愛犬シンバ(ゴールデン レトリーバー)と一緒に生活中の「CNBLUE」イ・ジョンシンが見学生で登場します。
自分の犬の名前をつけてほしいというファンに「伴侶犬を育てることができる環境からチェックする。 家に何時間いるのか?」と、ストレートに聞いてアイドル界のカン・ヒョンウクと呼ばれるイ・ジョンシンは、自身の愛犬シンバが自身をあまりなめてくれなくて虚しいと話し、どのようにすれば自分をなめてくれるようにできるのか教えてほしいと言うなど、愛犬に向けた本物の愛情を表しました。



引き続き実戦学習で、お悩み犬で登場するモモ、ナナ、ババは、ビションフリーゼで、韓国人が好きな代表的な小型犬であり可愛い綿あめのようなビジュアルで愛を受けている犬種です。

モモ、ナナ、ババの3匹を育てている保護者は、家では慎ましい姿と違い外に出て行くやいなや180度急変する愛犬たちの二重的な姿に大変だと、助けを要請しました。 特に美容大会2冠王に輝くババは、突然他の犬からかまれるという事故の後、攻撃的に変わったというエピソードを伝えましる。

見慣れない制作スタッフの訪問に、慎ましい姿を見せた3匹は、散歩に出て行くやいなや急変し、ババが吠え、同時にモモとナナも結集し、結局撮影中のスタッフに噛みつこうとする状況が発生して周囲を緊張させました。



イ・ギョンギュとチャン・ドヨン、見学生イ・ジョンシンと共にしたババの攻撃性反応テストでは、ヘルパードッグのコンベクが登場、見慣れない犬を見るやいなや興奮してほえる姿はまるで一群れのチンピラのようで、状況をより一層深刻にさせました。

3匹のお悩み犬の攻撃性を統制できない保護者に、カン・ヒョンウク訓練士は「保護者が愛だけあってリーダーシップがない」と、厳しい忠告を与え、続いてモモ、ナナ、ババと野外活動を楽しむ。 3匹のために人のいない場所を探してキャンプをしてきたという内容には、「犬たちがキャンプを望んだのか? 外で問題がいっぱいな子たちがどこにいたのか?」と、反問してカウンセリングを継続します。

また、3匹と共に旅行に行くことがやりたいことリストの1つだと、まもなく旅行を控えているという保護者にカン・ヒョンウク訓練士は「本人の幸福のために伴侶犬を使うのではないのか、本当に伴侶犬が幸せになるのか?」と尋ねて、「よく考えなければならない! 伴侶犬の訓練は自身の幼稚さと戦うことだ。 伴侶犬の姿が自分の姿だ」ということを伝えて、保護者の考えを覚醒させるようです。

2021/06/06 16:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「CNBLUE」の関連情報



最新記事
アクセスランキング