韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
YGの新ガールズグループ「BLACKPINK」、K-POP界の「人海戦術」「奇数センター術」を使わない「4人組」の意味


「BIGBANG」「2NE1」「WINNER」「iKON」の「YGエンターテインメント」。新しいガールズグループ「BLACK PINK」がデビューを目前にしています。YGのブランドだけではなく、「4人組」という「少数精鋭」の構成もK-POP界の視線を集めています。


YGが発表した新ガールズグループ「BLACK PINK」のメンバーは、JENNIE、LISA、JISOO、ROSEです。順次発表の間、みんなが5人以上のメンバーを予想しましたが、YGは「2NE1」に続いて4人組を打ち出しました。


最近のK-POP界で「4人組」が持つ意味は特別です。最近のアイドルグループの特徴は「人海戦術」ともいえそうで、たくさんのメンバーで多様な大衆の好みを攻略するのが普通となっています。


ファンに「このたくさんのメンバーの中で、一人ぐらい好みがいるだろう」と思わせる意図です。もちろんメンバー数が多ければ衣装費や生活費を含めた経費がかさむことは避けられませんが、より安定性を追求した結果です。


また、グループメンバーの数を奇数にする「奇数センター術」を使う場合も多いです。特に決まった法則はありませんが、「センター」を際立たせやすいからだとも言われています。偶数の場合には何人かのメンバーに焦点を当てるより、全体的な調和が重要になります。


「BLACK PINK」は定型化された法則から抜け出し、溢れる自信を表現していると言えるでしょう。

YGは「BLACK PINK」の成功的なデビューのために、デビュー曲のダンスを海外の有名振付師4人に同時に任せるなど、デビュー前、最後の準備作業に集中しています。


2016/07/05 12:58

この記事が気に入ったら




最新記事




アクセスランキング