wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
俳優ソン・ジュンギ、障がい者国際舞踊祭(KIADA)の広報動画の美談が話題に


2日夜、オンライン自動車コミュニティ“ボべドリーム”に、「俳優ソン・チュンギ様に当然あいさつする方法がなかった」というタイトルで投稿された大韓民国障がい者国際舞踊祭(KIADA)のボランティアメンバーの文が、美談として広がっています。

自身を50代のボランティアメンバーだと紹介したこの人物は、「国際イベントだが、大衆的な人気はなく、広告がつくような商業的なイベントでもない。 さらにはコロナ禍により今年は本当に広報が深刻な状況」としながら、「先月ソン・ジュンギさんが、新型コロナ感染症のため、自宅隔離されているというニュースを見て、なんとかメールアドレスを手に入れ、『隔離されている間、時間があるから30秒程度の広報映像をスマホで撮ってほしい』と、お願いした」と、伝えました。

引き続き「この6年間の舞踊祭の資料を要請してきた後、しばらく返答がなくて落ち込んでいた時、映像が送られてきた。 ギャランティーを一銭も差し上げることができないのでスマホで簡単なあいさつだけお願いしたが、時間と費用をかけてていねいに撮ってくださった」と、ソン・ジュンギが送ってきた44秒分量の広報映像も共に投稿しました。

映像の中のソン・ジュンギは、タキシードをきちんと着て「コロナ禍で通常より難しい時期を過ごしているにも関わらず、舞台を守るための舞踊家の方々の情熱と努力、そして観客の関心がこの時期を解決できるようにするようだ」というコメントで、関心と応援をお願いしました。

投稿者は「顔を一度も見たことのないボランティアメンバーのお願いに、このように誠意を見せでくださったソン・ジュンギさんを見て、なぜこの方が人格スターなのかがわかった」とし、「私たちが日常でする平凡な行動も、誰かには奇跡でありうる。 それで私たちの人生にさらに感謝して他人を配慮して生きていかなければならない」と、KIADAに対する関心をお願いしました。

一方、今年で6回目を迎えるKIADAは、11月16日から23日までキョンギ(京畿)・コヤンシ(高陽市)アラムヌリ アラム劇場とセラセ劇場で開催されます。


2021/08/03 11:48

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「ソン・ジュンギ」の関連情報



最新記事
アクセスランキング