wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ナムグン・ミン「黒い太陽」&「2PM」ジュノ「袖の赤い裾口」など、 強力なMBCドラマのラインナップ完成


今年で創立60周年を迎えたMBCが新設した金土ドラマの大作が17日、「黒い太陽」を皮切りに本格的に幕を上げます。
MBCが金土ドラマを披露するのは今回が初めてで、週末の実質的な開始時間帯である金曜日の夜10時と土曜日の夜10時の週2回、レベルの高い大作ドラマで視聴者を訪ねます。



MBCの新しい金土ドラマは、人気バラエティ番組「私は一人で暮らす」「全知的おせっかい視点」などと共に週末最高の「黄金視聴ライン」を形成すると期待されています。
17日に初放送される「黒い太陽」は、今年下半期最高の期待作として挙げられています。
俳優ナムグン・ミン主演のブロックバスター級アクション大作で、MBCと韓国最大のOTTプラットフォームであるWavve(ウェーブ)が共同投資しました。




「黒い太陽」は、行方不明になった国家情報院の最高要員が自身を地獄に落とし入れた内部の裏切り者を見つけるために、組織に復帰して起こるエピソードを描きました。国家情報院の最高要員であるハン・ジヒョク役には俳優ナム・グンミンが、ハン・ジヒョクの国家情報院同期で、秘密を抱いた犯罪統合センター長ソ・スヨン役には俳優パク・ハソンが出演します。国家情報院のエリートであり、ハン・ジヒョクのパートナーユ・ジェイ役のキム・ジウンをはじめ、キム・ビョンギ、イ・ギョンヨン、チャン・ヨンナム、ユ・オソンなど名前だけでも存在感を与える俳優たちが出演して韓国型ブロックバスター級アクション物に対する期待を高めています。

11月には、本格的な宮廷ロマンス時代的「袖の赤い裾口」がMBC金土ドラマを引き継ぎます。
「袖の赤い裾口」は、自身が選択した人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった王の切ない宮中ロマンス時代劇です。タイトルの「袖の赤い裾口」は、宮女が着る服の袖部分を指す表現で「王の女」であることを意味します。
2019年に青春時代劇の風を巻き起こした「新米史官ク・ヘリョン」以来MBCが2年ぶりにお目見えする正統ロマンス時代劇で注目されています。



完璧主義者の王世子イ・サン役には、除隊後一層成熟した魅力で戻った俳優イ・ジュノ(2PM)が務め、自身の人生を主体的に選択しようとする宮女ソ・ドギム役にはイ・セヨンが出演します。

2022年上半期には女優キム・ヒソンとソ・ジソプ、パク・ヘジンらトップスターが次々とMBCドラマを通じて視聴者と会います。
まず、キム・ヒソンは来年上半期編成を確定した金土ドラマ「明日」に出演します。「明日」は、人を生かすために来た特別な死神の話で、同名の人気NAVERウェブ漫画を原作とする。キム・ヒソンは、あの世の独占企業「チュマドン」の霊魂管理本部の危機管理チーム長である死神クリョン役でひと味違った楽しさを提供すると期待されています。


俳優ソ・ジソプもやはり来年上半期の金土ドラマ編成が確定した本格メディカルサスペンス法廷もの「ドクターロイヤー」に出演します。ソ・ジソプは、操作された手術ですべてを奪われてて医療訴訟専門の弁護士となった天才外科医ハン・イハ役を演じ、過去自分自身を巡って行われた謎の事件を暴いていきます。
昨年MBC「コンデインターン」で愛された俳優パク・ヘジンは、来年上半期の平日ミニシリーズ「今から、ショータイム!」を通じて視聴者に会う。独特なタイトルで早くから関心を集めている「今から、ショータイム!」は、幽霊を操る魔術師が女性刑事に出会って心霊捜査で事件を解決するという新概念のロマンチックコメディだ。パク・ヘジンは幽霊を操る雇用者であり人気魔術師のチャ・チャウン役を演じて、特有のスイートな演技を繰り広げる予定です。








2021/09/13 23:53

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「2PM」の関連情報

「ナムグン・ミン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング