wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
Netfix「ケイト」キャスト、スタッフ、あらすじ、海外の反応まとめ







2021年9月より配信されたNetflixオリジナル映画「ケイト」。日本のヤクザを狙う女性暗殺者が主人公のアクション作品です。日本ロケが行われ、おなじみの日本人俳優も出演する注目作品です。

本ページでは、キャストやスタッフ、海外の反応まで映画「ケイト」に関することをたっぷりまとめています。

画像・リンクが表示されない、画面が崩れる方はコチラ(https://toretame.jp/kate.html)からご覧下さい。



作品概要











































邦題 ケイト
原題 Kate
ジャンル アクション、スリラー
公開日 2021年9月10日
上映時間 106分
制作 PLAY LIST
監督 セドリック・ニコラス=トロイアン
脚本 ウマイル・アリーム
配信サイト ABEMA





ストーリー

大都会東京での最後の仕事を前に、毒を盛られてしまった冷酷な暗殺者。余命として残された24時間以内に、自分の殺害を命じた者を突き止め、 報復することを誓う。引用:Netflix作品ページより



Netflix「ケイト」キャスト一覧



ケイト役:メアリー・エリザベス・ウィンステッド






  • 生年月日:1984年11月28日

  • 出身:アメリカ ノースカロライナ州

  • 身長:173cm

  • 出演作:「リンカーン/秘密の書」「10 クローバーフィールド・レーン」など


  • ケイト



    暗殺者で狙撃の専門家。幼い頃孤児になった。



    ヴァリック役:ウディ・ハレルソン




  • 生年月日:1961年7月23日

  • 出身:アメリカ テキサス州ミッドランド

  • 身長:178cm

  • 出演作:「グランド・イリュージョン」「猿の惑星: 聖戦記」など


  • ヴァリック



    ケイトのメンター。孤児となったケイトを引き取り戦闘を教えた人物。

    アニ役:ミク・マルティノ




  • 生年月日:2004年9月14日

  • 出身:カナダ トロント

  • 身長:157cm


  • アニ



    日本のヤクザ組長である木島の姪っ子。ケイトに誘拐される。



    スティーブン役:ミキール・ハースマン




  • 生年月日:1981年7月18日

  • 出身:オランダ アムステルフェーン

  • 身長:191cm

  • 出演作:「アデライン、100年目の恋」「インビテーション」など


  • スティーブン



    作品冒頭、ホテルのバーでケイトと出会う男。

    蓮司役:浅野忠信




  • 生年月日:1973年11月27日

  • 出身:神奈川県

  • 身長・体重:179cm、64kg

  • 出演作:「MINAMATA-ミナマタ-」「モータルコンバット」など


  • 蓮司



    ヤクザの幹部で最高顧問。

    木嶋役:國村隼




    画像:NHKアーカイブスより


  • 生年月日:1955年11月16日

  • 出身:大阪府

  • 身長:170cm

  • 出演作:「ミッドウェイ」「MINAMATA-ミナマタ-」など


  • 木嶋



    日本のヤクザの組長。ケイトのターゲット。

    ジョウジマ役:MIYAVI




  • 生年月日:1981年9月14日

  • 出身:兵庫県

  • 身長:185cm

  • 出演作:「不屈の男 アンブロークン」「マレフィセント2」など


  • ジョウジマ



    蓮司の愛人。

    シンゾウ役:田邊和也




  • 生年月日:1985年7月31日

  • 出身:神奈川県

  • 身長:183cm

  • 出演作:「仮面ライダーアマゾンズ」「関ヶ原」など


  • シンゾウ



    蓮司の右腕。

    BAND-MAID




  • 活動:2013年~

  • レーベル:ポニーキャニオン


  • ケイトがアニを探しに入ったライブハウスで行われていたのがBAND-MAIDの公演。



    映画「ケイト」海外の評価は?






    アメリカのレビューサイト「Rotten Tomatoes」によると、「ケイト」の高評価率は49%(専門家評、2021年9月時点)と評価が分かれています。

    低評価の理由としては「ありきたりな設定とストーリー」、「登場人物に観客を感動させる要素がない」、「エキゾチックな日本のロケーションを除いて真新しい物が何もない」などというものがありました。女性暗殺者が主人公の作品は多くあり、その派生物感がぬぐえない部分もあるかもしれません。

    高評価の意見は「メアリー・ウィンステッドの成熟した演技力」「戦闘シーンに迫力がある」「Netflixがアクション作品にも力を入れ始めた」などストーリーから離れた部分への感想が目立ちました。



    ■こちらもおススメ
    オンラインで友達とNetflixを共有!Netflix Partyの使い方を紹介
    Netflixで言語学習!絶対使いたい無料機能「LLN」の便利な使い方を紹介!2020
    ドラマ「ヴィンチェンツォ」キャスト、相関図、OST、配信スケジュールなどまとめ



    2021/09/15 20:06

    この記事が気に入ったら


    トレタメ : ”共感”するエンタメ情報サイト

    関連記事



    最新記事
    アクセスランキング