wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ハン・ヒョジュ&パク・ヒョンシク&チョ・ウジン、ドラマ「ハピネス」台本リーディング現場を公開…”パク・ヒョンシク除隊後初のドラマに期待”


俳優ハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシク、チョ・ウジンが台本リーディングで抜群の相性を披露しました。

17日tvN新ドラマ「ハピネス」(脚本ハン・サンウン/演出アン・ギルホ/企画・制作スタジオドラゴン)側は、熱気に満ちた台本リーディングの現場を公開しました。

「ハピネス」は近未来を背景に、階級社会の縮小版であるマンションで孤立した人々の生存記を描いた都市スリラーです。多様な人間が集まって住む大都市の高層マンションが、新たな感染症によって封鎖されることで起きる亀裂と恐怖、生存のための激しい死闘と心理戦を描きます。

「ハピネス」は「青春の記録」「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」「アルハンブラ宮殿の思い出」「秘密の森」などジャンルを問わず、繊細な演出力を見せてくれたアン・ギルホ監督と「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」「グッドワイフ」を執筆した作家のハン・サンウンが意気投合した作品で期待が集まっています。


台本リーディングには、ハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシク、チョ・ウジン、イ・ジュンヒョクなど、有名な演技派俳優たちが集まり、熱い演技を繰り広げました。 日常が崩壊し、既存の価値が揺れる極限の状況で、互いを疑い、警戒しなければならない現実的な恐怖をリアルに描き出した俳優たちのシナジー効果が期待を熱く盛り上げました。

ガールクラッシュ溢れる姿で帰って来たハン・ヒョジュは、早い状況判断と決断力を持った警察特攻隊エースユン・セボム役に入り込んで物語をリードした。ユン・セボムの千変万化する姿を自由に演じて圧倒した。本能のままに行動し、大胆ながらも老練に危機を解決していくユン・セボムの力強い魅力はハン・ヒョジュによってさらに光を放ちました。

パク・ヒョンシクは賢くて愚直な強力班の刑事チョン・イヒョンを演じる。自分を犠牲にしてでも公共の善のために動き、自分とセボムを守るために限りない危機と恐怖に対抗して戦う人物です。パク・ヒョンシクは柔らかくも強靭なチョン・イヒョンの魅力を倍増させてストーリーへと引き込みました。特に、高校同級生ユン・セボムに向ける温かい心を繊細ながらも愛らしく演じてときめきを加えました。

演技派俳優チョ・ウジンの活躍も目立った。チョ・ウジンは感染症事態の“カギ”を握った医務司令部所属の中佐ハン・テソクに扮して力を加えます。


正体のわからない感染病と欲望に満ちた状況のなか、生き残るため、あるいは大切なものを守るために、熾烈な生存記を繰り広げる人間群像の多様な姿が視聴ポイントだ。 現実的な恐怖を極大化した演技の達人たちのシナジーは初の台本リーディングから完璧な様子です。

制作陣は「『ハピネス』は多様な人間が集まって住む大都市の高層マンションを背景に人間の欲望や階級差別を描きます。それぞれの人物が持つ感情変異が重要なだけに俳優たちのシナジーが何より重要となる作品だ。俳優の演技が現在進行形の現実的な恐怖をよりリアルに描き出す」とし「新しい次元のニューノーマル都市スリラーを期待してほしい」と伝えました。

「ハピネス」は韓国で今年下半期に放送予定で5月にクランクインしました。

2021/09/17 16:33

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「ハン・ヒョジュ」の関連情報



最新記事
アクセスランキング