wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
TBS「よるおびドラマ」東京03の飯塚悟志が決定!いじられキャラな英語教師を演じる!

TBSで10月から『この初恋はフィクションです』を、月曜日から木曜日の深夜24時40分から15分枠でお届けする。「よるおびドラマ」として深夜にドラマを帯番組で放送するのはTBS史上初の試みとなる。企画・原案には多くの話題作を手掛ける秋元康、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ(EX)、『私の家政夫ナギサさん』、『恋はDeepに』(NTV)などを手掛けた、今最も勢いのある脚本家の一人である徳尾浩司が務めるオリジナルの青春群像ラブストーリーだ。また、民放初の試みとして、YouTubeで全話配信を実施。1話約15分という特性を活かし、若い世代に通学・通勤時間などの隙間時間にいつでも本作を楽しんでいただけるよう、月曜日から木曜日の放送回をその週の金曜日にYouTubeで一挙配信する。

本作は、「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」の演技バトルで1位に輝いたメンバーが主演を務め、そのほか主要キャストを演技バトル上位者が演じることをお知らせしてきたが、ついに9月11日(土)深夜に放送した『私が女優になる日_』内で、飯沼愛が演技バトルを制し主演を務めることが発表され、そのほか主要キャストとして、武山瑠香、赤穂華、三浦涼菜、渋谷風花の出演が発表。さらに、これまで坂東龍汰、窪塚愛流、坂井真紀、矢田亜希子といった多彩な共演キャストも発表されているが、本日さらなる追加キャストが解禁となった。

飯沼愛演じる本作の主人公・倉科泉(くらしな・いずみ)ら、主要キャストたちが通う桜彩館高校の英語の教師で、2年1組の担任・長谷部秀一(はせべ・しゅういち)役に、東京03の飯塚悟志が決定した。生徒たちから愛されているがいじられキャラの長谷部は、のらりくらりとしているようで意外と生徒のことを考えている良き先生。教室には、生徒による様々なボケが仕込まれており、それを見つけツッコむことが日常風景となっている。
コントでの高い演技力に定評のある飯塚だが、昨年10月期に放送した火曜ドラマ『この恋あたためますか』のコンビニの店長役での好演も記憶に新しい。教室でのシーンではいつもリハーサルから笑いが起こるなど、とても良い雰囲気で撮影は進んでいる。クスっと笑えてほっこりする、長谷部先生と2年1組の生徒たちとのシーンにご期待いただきたい。
さらに本日、ポスタービジュアルも解禁。物語の舞台となっている学校で撮り下ろしたビジュアルには、泉や野島(坂東龍汰)、来玖(窪塚愛流)ら生徒の間に、まだ誰も会ったことのない正体不明の“不思議な転校生” 祖父江広樹の姿も・・・。

高校生のリアルな青春模様にエモくなり、友情に恋にキュンとして、まだ誰も会ったことのない“不思議な転校生”は一体誰なのか・・・! とサスペンス要素も楽しめる本作の“エモサス(エモい+サスペンス)”な世界観を表現したポスターとなっている。ビジュアルは生徒キャストが集結した7人パターンと、顔も姿も見たことがない“不思議な転校生”祖父江と、祖父江のことが気になる泉と、そんな泉に恋をする野島の三角関係を表現したパターンも。また、ポスタービジュアルの解禁と同時に放送開始日も発表。初回の放送は10月11日(月)深夜24時40分からに決定した。放送を前にドラマの世界観をより楽しんでいただきたい。
そのほか、番組公式SNSでは、ここでしか見られないスペシャルムービーやオフショットのほか、オリジナルコンテンツを公開中。あわせてお楽しみいただきたい。

(C)TBS

■コメント
<飯塚悟志(東京03)>
クラスでのシーンはもちろん、カメラがまわってない時でもロケ場所の学校の廊下ですれ違いながら挨拶をしていると勝手に本当に学校の先生になった気分になります(笑)。
進路面談などのシーンでは自分の高校時代を思い返して、担任の先生に突然「お笑いをやりたいです」と言ったら、「お前だったらできるかもしれないな」と背中を押してもらったことなどを思い出しました。
僕が言うのはおこがましいですが、主演の飯沼さんは2人のシーンも多いのですが、回を重ねるごとに本当にお芝居が良くなっていくし、アドリブにも対応してくれてこれからが楽しみな女優さんです。
脚本もすでにとても面白くて、「姿の見えない」祖父江くんにみんながやきもきしていたり、主人公の泉がどんどん近づいていく様子も興味深いです。新人の子たちのお芝居がどんどん良くなっていくのも直に感じていますし、現場の雰囲気もとても良く、丁寧に作られている作品ですので、ぜひ楽しみにしていてください。

<プロデューサー・松本友香>
時代的にも、生徒と教師の距離感が変わりつつあるとは思うのですが、このドラマの世界に出てくる泉たちの担任・長谷部は、生徒からの信頼も厚く「こんな先生いてくれたらいいのになぁ」を具現化したような理想の先生です。そんな先生を演じてくださるのが飯塚さんなので、とても説得力と納得感が役に生まれています。飯塚さんは撮影でも、本当の先生のように、生徒役のキャストたちと楽しく接してくださり、教室のシーンはいつも温かい空気に包まれています。飯塚さんが作り上げる2年1組のシーンにぜひ期待して欲しいです!

■番組概要
[タイトル] 『この初恋はフィクションです』
[放送日時] 10月11日(月)スタート
毎週月曜~木曜深夜24:40~24:55(※一部地域を除く)

■番組公式サイト
https://www.tbs.co.jp/hatsukoi_f_tbs/

■番組公式SNS
[Twitter]@hatsukoi_f_tbs
[Instagram]hatsukoi_f_tbs
[TikTok]hatsukoi_f_tbs

(C)TBS


2021/09/18 12:00

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング