wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」はカリスマミュージカル俳優・霧島天介が登場!

『月刊ザテレビジョン』2021年11月号(9月22日水曜日発売)で、秋山竜次(ロバート)がさまざまなクリエイターに扮する人気企画「クリエイターズ・ファイル」の連載第21回を掲載する。今回は“ミュージカル界のドローン”の異名を持つミュージカル俳優・霧島天介を取材。霧島の宙吊りが名物の看板演目「ビート ジャーキー」はコロナ禍の中10年目を迎える。今年“宙吊り王子”が披露するミュージカルとは。

「クリエイターズ・ファイル」は、お笑い芸人・ 秋山竜次(ロバート)扮するさまざまな分野のクリエイターにインタビュー取材を行う連載企画。2015年4月に始まった同企画が、2020年1月より「月刊ザテレビジョン」に移籍。誌面もA4ワイド版に拡大し、さらにパワーアップしている。

今回はカリスマミュージカル俳優・霧島天介に密着。ミュージカル「ビート ジャーキー」での宙吊りパフォーマンスで知られ、“宙吊り王子”との異名で大人気だ。今年で10年目を迎える同舞台で、宙を舞い続ける霧島は、「ファンの皆様の前では、僕はヒーローであり、スターでありたいと思っています。スーパーマン、スパイダーマン、パーマン…ヒーローって宙に浮いていますよね」とその理由を語る。「正直、身体への負担は大きいです」と明かすが、「宙吊り状態で劇場へ移動したり、食事をしたり打ち合わせをしたりすることも多いです。だって僕は家を出た瞬間からファンの皆様のヒーローでありたいから」と、看板パフォーマンスたる宙吊りへの思いは並々ならぬものが。「世の中からビートが枯渇したとき、人の心も乾いてジャーキーになってしまう」と訴える霧島。今年は初の試みとなる無観客配信に向け、走り続けている。

【クリエイターズ・ファイル公式HP】https://creatorsfile.com/


2021/09/22 13:50

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング