wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
歌手ウォノ(元MONSTA X)、2ndミニアルバムリリース!”今回のミニアルバムで最も気を遣った部分はメッセージ”


歌手ウォノ(元MONSTA X)が完璧なビジュアルが際立つグラビアを披露しました。

14日、BEAUTY+10月号は、2ndミニアルバム「Blue Letter」でカムバックし、自身の率直なストーリーを盛り込んで作詞作曲したトラックを通じて、より一層強く豊かな感性を見せている歌手ウォノのグラビアを公開しました。


強い第一印象とは異なり、親しみやすい姿で撮影現場に登場したウォノはカリスマあるまなざしで撮影に臨みました。女性の心を魅了するガッチリした体格と果敢なポーズで夏と秋を行き来するファッションを完璧に着こなしました。誰もが惚れるしかないほどのセクシーな魅力を披露した。 特に撮影した写真を見ながら「これはファンが好きそうだ」とファンに一途なウォノの姿に、現場のスタッフたちは「これだからウォノにハマるしかない」と感嘆したといいます。



これまで発表したシリーズ「Love Synonym」とは違うタイトルのミニアルバムを発表しただけに、ウォノは新しいストーリーを聞かせる予定です。 彼は「今回のミニアルバムを準備しながら、少しつらくて寂しくなったりもした。休んでいるときもそうだったし、なんとなく疲れることが多かった。 つらいことから打ち勝つようにサポートしてくれたファンたちに伝えたい言葉を込めた。 ファンのおかげで、日々耐えて打ち勝つことができた」とファンに向けた愛情を示しました。

ともに、タイトル曲「BLUE」について「“憂うつ”を意味する言葉そのままの意味を使用した。全般的な内容は憂うつ感に関するもので、“この音楽を聞いて憂うつに感じている人たちが自分を受け止めて乗り越えてほしい”という意味で作曲した」とし、コロナブルーでつらい状況にいるみんなで一緒に受け入れて進もうという意味を表現したと伝えました。



ウォノというと強い印象を浮かべるが、今回のアルバムは変わった姿を見せたかったと話しました。彼は「今回のミニアルバムで最も気を遣った部分はメッセージだった。メッセージをちゃんと伝えられる音楽を書いた」とし「ステージでは強い姿と気楽で落ち着いた姿の両方見せたい。どうしても長い間そうだったように、強い姿をお見せすることに慣れているが、お見せしたいのは気楽に音楽をする姿だ。そしてファンが見たがる姿も同じだった」とし、ファンに多様な魅力を伝えたい心情を明かしました。

一方、ウォノは魅力的なギターとベース、ドラムのリズミカルなグルーヴが調和したポップダンスタイトル曲「BLUE」で「ワールドワイドiTunesアルバムチャート」3位を記録し、グローバルな人気を証明した。 アルバムで憂うつ感と海の青さを象徴する「BLUE」を二重的な表現として使いながら、憂うつで疲れた人々のための明るく希望的なメッセージを伝え、大きな注目を浴びました。





2021/09/24 15:05

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「ウォノ」の関連情報



最新記事
アクセスランキング