wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
カンニング竹山、罰ゲームついて「やらせてください!」を見せないようにやっている

13日深夜放送の『ぺこぱポジティブNEWS』(テレビ朝日系)で、お笑いタレントのカンニング竹山が、罰ゲームについての持論を語った。

番組では、SNS上で話題となっていた「世界一やさしいもぐら叩き」のニュースから罰ゲームの話となった。

最近罰ゲームは「痛みを伴う笑い」ということで放送倫理・向上機構(BPO)で審議入りするなどしていたが、松陰寺太勇は「竹山さんは、そういう痛みを受けてきた側の、そういう時代で頑張ってきた方じゃないですか」と先輩芸人ということで罰ゲーム経験値も高い竹山に今思うことについて質問する。

竹山は「正直(批判されるのは)嫌だなとは思いますよ。そういうことでテレビ出てる人はやってないから。どっちかと言うと、やらしてください、やらしてくださいつって、実はやってるから」と明かし、「それをいかに『やらせてください!』を見せないようにやっているのが、僕らじゃないですか?」と、嫌がっている様子を見せ、笑いに変えるのが芸人だとした。

松陰寺は自身らが最近やった罰ゲームについて「僕らこの前ちょっと違う番組で電気くらう仕事あったんですよ。ビリビリを、滅茶滅茶電気弱かったですもん。そういうところにも影響出てるんでしょうかね!?」と、配慮しすぎてか、リアクションに困るレベルの刺激だったと明かした。

罰ゲームのリアクションにも芸はあるということで竹山は「だってシェパードに噛まれるリアクションなんか学校で習ってないでしょ?」と話し笑いを誘い、「江頭(2:50)さんと一緒のときなんか、噛まれた後、シェパードを羽交い絞めにしたのよ。『そうやったら面白いんだな』と学ぶ訳、あの笑いのとり方あるんだなって」と説明したのだった。
*シェパードに虐待はしていません


2021/10/14 20:36

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング