wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
パク・ミニョン、“「思いっきりハイキック!」でデビュー、嬉しかったが怖くもあった”「ドキュメンタリーフレックス」


女優パク・ミニョンが、「思いっきりハイキック!」出演当時の状況を回想しました。
10月29日に放送されたMBC「ドキュメンタリーフレックス青春ドキュメンタリー - 思いっきりハイキック!編(以下、ドキュメンタリーフレックス)」でパク・ミニョンは、「思いっきりハイキック!」出演を前に感じたプレッシャーについて打ち明けました。

2006年に放送を開始した「思いっきりハイキック!」について、「私はいつイ・スンジェ先生やナ・ムニ先生と演じることができるだろうかと思った?それですることにした」と理由を明らかにしました。
カン・ユミ役で出演したパク・ミニョンは、「その当時、韓国の全ての芸能企画会社の新人たちに会った。それで怖くもあった」と話しました。

続いて「ただ嬉しいというだけでなく、『私がこれを果たしてできるのか?』。でも心配を杞憂にしたのは、作品に参加するほどに確信を与えてくれたスタッフがおられ、周囲の先輩たちもいた」と付け加えました。


当時、同じく新人だったチョン・イルは「その時は撮影のテクニック的なものは何も知らなかった。演技が何かも知らずに演技をした」と回想しました。
初回は6%だった視聴率は上昇傾向に乗り始め、2週間で20%を突破しました。パク・ミニョンは「ある瞬間、突然上昇気流に乗り始めた。他の反応は現場に来たファンと私の名前を検索したときに出てくる記事、広告などを通じて反応を実感できた」と話しました。



2021/10/31 23:12

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「パク・ミニョン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング