wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ナム・ジュヒョク、 新ドラマ「25、21」で熱血アルバイト生に変身…スチールカット公開


俳優ナム・ジュヒョクが、熱血アルバイト生に変身した姿が公開されました。

2月12日に放送がスタートするtvN新土日ドラマ「25、21」は、1998年を背景に夢を奪われた若者たちの彷徨とを成長を描いたドラマです。22歳と18歳、最初に互いの名前を呼んだ2人が25歳と21歳になり愛し成長する爽やかな初恋。そして友情と愛の間で行き違うトキメキと苦しい悩みを共に経験する5人のケミストリーまで、純粋で熾烈だった青春の記憶を思い出させてくれます。

ナム・ジュヒョクは「25、21」でIMF(国際通貨基金)で家計が苦しくなった家庭の長男としてたくましく生きる記者ペク・イジン役を演じます。劇中、ペク・イジンはIMFで没落し家族がバラバラになった家庭の長男として様々なアルバイトをしながら生計維持に励む。映画やドラマなど多様な作品に挑戦し、しっかりとした演技スペクトルを積み重ねてきたナム・ジュヒョクが描き出すペク・ジジンのキャラクターに注目が集まります。

これに関連し、ナム・ジュヒョクが“熱血アルバイト生”ペク・イジンとして奮闘するスチールカットが公開され注目を集めています。劇中ペク・イジンが新聞配達をし、貸本屋でアルバイトするシーンです。ペク・イジンは新聞を待つ購読者に直接新聞を渡したり貸本屋で何かを書き留めている。家計のために奮闘る現実的なキャラクターペク・イジンが今後どのような道を歩むのか関心を集めています。

「25、21」への出演についてナム・ジュヒョクは「『25、21』は時代に夢を奪われた若者たちが共に心を痛め成長するドラマだ。互いを慰め助け合う。そしてその時代を思い出し共感しながらすべての人が共に楽しめるドラマだと思い出演を決めた」と作品についての思いを明らかにしました。

加えてナム・ジュヒョクは「時には失敗もするが、やらなければならないことは絶対にやり遂げる姿に愛情が湧いた」と人間的でありながら責任感あふれるペク・イジンのキャラクターに対する格別な愛情を表しました。

制作会社 Hwa&Dam Picturesは「ナム・ジュヒョクは、ペク・イジンのキャラクターを作りあげるために1998年時代について一生懸命勉強し分析するなど努力を重ねる姿でみんなを感動させた」とし、「多彩な魅力を持ったナム・ジュヒョクがペク・イジンを通じてどんな演技を披露するか見守ってほしい」と伝えました。

一方、tvNの新しい土日ドラマ「25、21」は、2月12日午後9時10分に初放送を迎えます。

2022/01/14 23:57

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「ナム・ジュヒョク」の関連情報



最新記事
アクセスランキング